羽毛布団

布団の敷きっぱなし、なぜNG?

敷布団 布団 掛布団 掛け布団 枕 畳畳やフローリングに布団を敷きっぱなしにしておくことを万年床といいます。一人暮らしをされている方は部屋の収納スペースが限られていることもあり、止むを得ず万年床という方も少なくないかもしれません。

しかし布団にとって、敷きっぱなしはよくないとされています。どうして布団を敷いたままにしておくのはよくないのでしょうか。

布団を敷きっぱなしにしてはいけない理由

人は眠っている間にコップ約一杯の汗をかくといわれています。布団を敷いたままにしておくと、その湿気は布団から放出されません。

布団に含まれた湿気が溜まっていくと、布団内に湿気がこもりカビにとって絶好の環境に。布団にはもちろん、畳や床にもカビが生える原因になってしまうのです。

フローリングは特に要注意!

畳に比べ、フローリングの床面はより通気が悪くなっています。住宅事情も大きく変わり、洋室しかないというご家庭も増えたのでフローリングの床に布団を敷くことも珍しくなくなりましたが、フローリングではより注意が必要です。

フローリングの場合はその辺りを意識して、毎日布団の上げおろしを行いましょう。

どうしても布団があげられないという場合は・・

療養中や介護などどうしても布団を敷きっぱなしにする必要がある場合は、可能であればスノコを使うとよいでしょう。

スノコは一枚一枚に隙間があるので、その隙間から風の通り道が作られます。スノコの上に布団を敷けば布団の下の通気が良くなり清潔な寝床環境が保つことができるでしょう。

【こんな商品がおすすめ】リセノ ロール式すのこベッド 使わないときは丸めて収納可能!

布団を上げるタイミングは?

布団を押入れまたはクローゼットにしまうタイミングも重要です。

起き抜けは、自分の体温で温められた熱や湿気が布団にこもっている状態。少しの間そのままにして、ぬくもりや湿気を発散させてからしまいましょう。

雨続きで布団が干せない時は?

布団の乾燥には天日干しが一番ですが、梅雨の時期は連日雨で布団がなかなか干せないことも多いもの。そんな時の対策をみてみましょう。

布団乾燥機や扇風機を活用

布団乾燥機やエアコンの除湿モード、扇風機などを活用して寝具の湿気を追い出しましょう。椅子に布団を立てかけて、両面から乾燥させるとより高い効果が望めます。乾燥機で温風を当てた後は、しっかり布団を冷ましてからしまいましょう。

【こんな商品がおすすめ】アイリスオーヤマ 軽量!ラクラク持ち運びOK ふとん乾燥機 カラリエ

部屋をこまめに換気

肌寒い日や雨の日は一日中窓を開けない、という方も多いと聞きます。

しかし特に雨の日は空気中の水蒸気も多くなるので、カビの発生原因につながりやすいもの。こまめに換気することで部屋中の空気の流れ道をつくり、湿度を下げることができます。

抗菌・防臭効果のある寝具を選ぶ

いくら清潔に保つことが大事だとわかっていても、毎日布団やシーツを洗うことは現実的ではありません。そんな時は抗菌・防臭効果のある寝具を選ぶのもひとつの対策です。

布団の中綿そのものに抗菌機能を持ったものや、抗菌加えて防ダニ・防臭加工を施したシーツやカバーも多く売られています。

布団にできてしまったカビやシミは、クリーニングをしても落ちません。布団をカビから守るには、カビを発生させる前の早めの予防対策が決め手といえるでしょう。

【こんな商品がおすすめ】

洗える!魔法の布団 シンサレートウルトラ

伊藤清商店 オールシーズン対応 防ダニ・抗菌・防臭機能 シンサレートウルトラ布団7点セット

ダニやハウスダストをシャットアウト!高密度防ダニカバー

ifuton-works 日本製 高密度 防ダニカバー 掛け布団カバー 掛布団カバー ルネ シングルサイズ

除湿シートも併用

また、敷き布団の下に敷く除湿シートを併用するのも効果的です。睡眠中の汗による湿気や気になるニオイを吸収してくれます。

【こんな商品がおすすめ】西川 ドライウェルプラス(シングル)除湿シート

敷きパッドは洗い替え用があると安心!

ゴムで簡単に留め外しができる敷きパッドは、薄手なので乾きやすいのでお洗濯も面倒に感じません。敷きパッドは直接肌が触れるものですので、簡単に洗えるのは嬉しいですね。何枚か洗い替え用を用意しておけば、いつでも清潔に保つことができるでしょう。

【こんな商品がおすすめ】 ifuton-works 吸水 速乾!シンカーパイル敷きパッド 涼感素材で肌触りサラサラ

まとめ

今回は布団を敷きっぱなしにしてはいけない理由と、干せない状況での対処方法をおはなししました。

布団を上げ下げすることは湿気を追い出せることのほかに、毎日の生活に起きる・眠るのメリハリがつけられるというメリットもあります。

梅雨真っ盛りの今の時期は最もカビが増殖しやすい時ですので、布団には除湿と乾燥が最も大切。

布団はできるだけ毎日上げ下ろしをし、週に一回程度風通しの良い日陰でお布団を干しましょう!

羽毛布団は洗えるの?家庭で羽毛布団を洗う方法を知りたい!

自宅の洗濯機

カバーを掛けたりこまめに干したりなど、日頃しっかりお手入れをしてはいても羽毛布団の中の目に見えない汚れは気になりますよね。デリケートな羽毛布団はなるべくクリーニングに出したいものですが、料金がそれなりにかかってしまいます。特にこの時期は汗をたくさんかきますので、できることなら手軽に家で洗いたい!とお考えの方も多いはず。今回は羽毛布団をご家庭で洗う方法について解説します。

羽毛布団を洗う前に

布団が洗える洗濯機

羽毛布団を洗う前に、布団のタグに記載されている洗濯表示を確認しましょう。手洗いマークや洗濯マークがあれば洗えますが、水洗い不可やドライマークの場合はご家庭で洗うことはできません。

ご家庭で洗える洗濯表示

自宅で洗える表示

出典:https://lidea.today/articles/642

ご家庭で洗えない洗濯表示

02

出典:https://lidea.today/articles/642

※洗濯表示の詳しい内容は、下記をご参照ください
消費者庁 家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規程の改正について(PDF)

 

羽毛布団が洗えないときは?

上のような水洗い不可やドライマークの羽毛布団は自宅では洗えません。その場合は、布団クリーニングやリフォーム(打ち直し)に出して、中の羽毛をきれいに洗ってもらいましょう。クリーニングと打ち直しの違いは下記にまとめておきます。

・クリーニング

布団を丸ごと洗います。頻度は3~5年に一回程度が理想です。専門店にもよりますが、料金の相場は4,000円~6,000円程度、預けてから受け取りまで1週間から2週間程度が目安でしょう。

・リフォーム(打ち直し)

羽毛を取り出し、洗浄、乾燥し、その後足りない羽毛を足して、新しい側生地で仕立て直しをするのがリフォームです。預けてから受け取りまで2~3週間程度。秋~冬の繁忙期はそれ以上かかることがあります。料金の相場は10,000円〜30,000円程度。購入から15年以上経っているものや、過去に一度打ち直しをしているものは打ち直しができない場合があるそうです。

羽毛布団を家庭で洗う方法

乾燥機で乾燥

ご家庭で羽毛布団を洗う場合、洗濯機で洗う方法と浴槽で洗う方法があります。それぞれの洗い方と洗うときのポイントをまとめました。

洗濯機で洗う

自宅の洗濯機

自宅の洗濯機で羽毛布団を洗う場合、まずは布団が入るかどうか容量を確認しましょう。7〜8kgの洗濯機で、シングルサイズの掛け布団1枚までは入るようです。洗濯機に入れるときは布団をたたんでネットに入れると側生地の傷みを防げます。布団を入れる前に水に洗剤を溶かしておき、しっかり水を浸透させてから「大物コース」「布団コース」などで洗います。

浴槽で洗う

自宅の浴槽で

洗濯機で洗えない場合は、浴槽を使って洗います。40℃程度のぬるま湯を布団が浸かる程度の量ためて、洗剤を溶かします。布団を3つ折りにして浴槽に入れてやさしく踏み洗いをしますが、羽毛が傷んでしまいますのであまり強く踏みすぎないように気をつけて下さい。洗ったら浴槽の側面などを利用して脱水するか、洗濯機に入る場合は脱水にかけます。その後、再びお湯をためてすすぎを2~3回おこないます。最後に水気をしっかり切ってから干しましょう。

洗剤は何を使ったらいいの?

普段洗濯に使う弱アルカリ性の洗濯用洗剤はタンパク質をとかす性質があり、羽毛を傷めてしまいます。おしゃれ着用の中性洗剤の使用をおすすめします。

しっかり乾かすコツは?

外干し

洗った羽毛布団は早めに乾かしましょう。48時間以内が目安です。乾かす時間がかかってしまったり、乾かないまま使ってしまったりするとカビや悪臭が発生するおそれがあります。自宅で洗った羽毛布団をしっかり乾かすコツをご紹介します。

洗う前に天気予報を確認

洗う前に天気予報を確認します。1日で乾かないこともありますので、数日晴れが続く日を選んでください。

午前中の早い時間に洗う

午前中の早い時間から洗い始めて、少しでも長く日に当てられるようにすると乾きやすいです。

気温が低く日差しの弱い冬は避ける

冬は気温が低く日差しが弱いため乾きにくいので避けたほうがいいでしょう。

しっかりと水気を切る

干す前にしっかりと水気を切りましょう。水がしたたったまま干してもなかなか乾きません。洗濯機を使って脱水したり、バスタオルなどに水気を吸い取ったり、工夫をしてみてください。

干し方に工夫をする

物干しに布団をかけたときに重なると乾きにくくなります。折り返した部分が重ならないよう物干しを2本使って隙間を開けて干すなど工夫をしましょう。

羽毛布団を洗う頻度は?

どういう方法があるの?

毎日使う布団はできる限り清潔に使いたいですが、あまり頻繁に洗ってしまうと羽毛や側生地を傷めてしまいます。羽毛布団はカバーをこまめに洗ったり、時々日干しをしたり、しっかりとお手入れをすることである程度清潔に保つことができますので、2~3年に一度、クリーニングで丸洗いする程度で十分と言われています。数年に一度のクリーニングでは汚れが気になるという方は、半年に一度、季節の変わり目に洗うようにしてみてはいかがでしょうか。

【こんな商品がおすすめ】魔法の布団 日本製 洗える シンサレートウルトラ 布団セット 掛敷セット シングルロングサイズ

羽毛ではない、高機能中綿素材シンサレートならご家庭で洗えます。アレルギー持ちの方やペットを飼っていらっしゃる方、いつでもお布団を清潔に保ちたいという方には特にオススメです。

まとめ

今回は羽毛布団の洗い方についておはなしいたしました。自宅で羽毛布団が洗えるのはとても経済的ですので、ぜひ試してみたいという方も多いかと思います。自宅で羽毛布団を洗うときのポイントをもう一度おさらいしておきましょう。

・「手洗いマーク」「洗濯マーク」は家庭で洗える

・「水洗い不可」「ドライマーク」は家庭では洗えない

・洗えない場合はクリーニングか打ち直しを利用するとよい

・羽毛布団を洗うポイントは「40℃程度のぬるま湯で洗う」「羽毛をダメにしないようにやさしく洗う」「おしゃれ着用中性洗剤で洗う」「すばやく乾燥させる」

・早く乾燥させるには、「数日晴れが続く日」「午前中早い時間」「日差しの弱い冬を避ける」「しっかり水気を切る」「干し方に工夫をする」のがポイント

布団の洗い方については『洗ってスッキリ快適に!布団を洗濯する方法』でも詳しく解説しています。あわせて参考にしてみてください。

春夏秋冬いつでも快適に眠りたい!季節別のおすすめ寝具

眠り 自然四季の区別が明確な日本の気候。春夏秋冬それぞれの季節に魅力があり、「日本は四季があって美しい」ともいわれますが、気候の変化は体には負担になります。特に無防備な就寝中は注意が必要。気候に合った寝具を使い適切に温度調節をおこなって、春夏秋冬いつでも快適に過ごしましょう。今回は季節ごとにおすすめの寝具をご紹介します。

続きを読む

ずっと快適に使いたい!羽毛布団の正しいお手入れ方法とは?

Woman sitting in bed

ふんわりと軽く暖かい羽毛布団は、一度使ったら手放せない寝具のひとつです。その快適な寝心地をいつまでもキープしたいですよね。

人間は一晩にコップ1杯分の汗をかくといわれていますが、羽毛の掛け布団は吸湿・放湿性に優れているのが特徴。

一般的には10年から15年の寿命といわれている羽毛布団ですが、きちんとお手入れしていけば高価で購入したものは30年以上使い続けることもできます。

数年で買い替えるか、長期間使い続けることができるかは、やはり日頃のお手入れが肝心です。とはいってもそんなに難しいことではありません。日々のケアから定期的におこなうスペシャルケアまで、羽毛布団をより長く快適に使い続けるお手入れ方法を解説します。

続きを読む

お部屋のタイプで見つける!一人暮らしにおすすめの布団とベッド

一人暮らし 部屋

一人暮らしのお部屋は収納がなかったり、狭かったりといった悩みも多く、布団やベッドのような大きめの家具をどう選べばいいのか迷いますよね。今回は一人暮らしの方に最適な寝具が見つかるように、お部屋のお悩み・タイプ別におすすめの布団とベッドをご提案します。

続きを読む

羽毛布団はダウン率で決めていい?高品質の羽毛布団を選ぶポイント

パーセンテージ 割合 %

ダウン率とは、羽毛布団に詰められている詰め物全体のうち、ダウン(羽毛)がどのくらいの割合入っているかをパーセンテージで示したもの。この割合が多いほど、羽毛が多く入っていてあたたかな羽毛布団と言えますが、羽毛布団の品質を見極めるにはダウン率の他にも注目するべきポイントがあります。今回はダウン率について解説します。

続きを読む

羽毛の産地はどこを選ぶ?羽毛布団を買う前に知っておきたいポイント

地球儀を持っている人の手,緑色の背景

羽毛布団を選ぶときに羽毛の産地が気になるという方も多いのではないでしょうか。どのような産地があってそれぞれどのような特徴があるのか、羽毛布団を購入する前に知っておきたいですよね。産地によって品質に違いがあるのかも気になるところです。今回は羽毛の産地についてまとめました。

続きを読む

羽毛の種類はどう選ぶ?おさえておきたい羽毛布団の基礎知識

White geese

「マザーグース」に「ホワイトグース」に「シルバーダック」…。羽毛布団の種類はたくさんあって、どれを選んで良いのか悩んでしまいますよね。でも実は、羽毛の種類の基本はグースとダックのたった2種類だけなんです。ダウンとフェザーの違い、グースとダックの違い、マザーダウンについてなど、羽毛の基礎知識をおさえておけば、羽毛布団の品質を見極めるのにとても役立ちます。今回は羽毛の種類についてまとめました。

続きを読む

羽毛はどうやって洗浄するの?知っておきたい羽毛布団の基礎知識

羽毛 水 洗濯 洗う 洗浄

羽毛の洗浄は羽毛についた汚れや臭いを取り除くだけでなく、へたってしまった羽毛をふっくらとよみがえらせることにもつながる重要な工程です。羽毛がどれだけきれいに洗浄されているかは、羽毛布団の品質に大きく関わるのです。今回は羽毛の洗浄について解説しましょう。

続きを読む

羽毛布団の側生地の素材は何がおすすめ?知っておきたい羽毛布団の基礎知識

側生地 布

羽毛は湿度や温度を調節して、布団の中を快適に保ってくれます。この羽毛の優れた機能を最大限に生かすには、側生地の素材選びはとても重要です。今回は羽毛布団の側生地の素材について解説します。

続きを読む