羽毛布団

布団のにおい、その原因と対処法

臭い 臭う くさい 鼻をつまむ

なんだか最近布団がにおう・・。布団に付く不快なにおいの原因、ご存知でしょうか。
布団は衣類やタオルと異なり、気軽に洗濯できないのでにおいが付いてしまったら本当に気になりますよね。1日の終わりに疲れた身体をゆっくりと休める布団は、常に清潔にしていたいもの。
今回は布団に付いてしまうにおいの原因と対処についておはなしします。

布団に付くにおいの原因は?

布団に付いてしまうにおいの原因にはどんなものがあるのでしょうか。

1.汗や皮脂汚れによるにおい

私たち人間は寝ている間、コップ約1杯ほどの汗をかくといわれています。
汗を吸って湿気を含んだ布団は菌が繁殖しやすい環境。汗自体は無臭ですが、汗が菌によって分解・変質され、いやなにおいを発する原因を作り出します。
布団だけでなく枕のにおいがとても気になるという声も多いですが、枕は頭を接触させて使うので、頭皮に出てくる皮脂酸化することにより枕からにおいが発生するのです。

頭皮に出てくる皮脂というのは、酸化することによって臭いが発生します。これら皮脂が参加したものも、枕にどんどんと付いていくことになるので、枕は使いこむごとに嫌な臭いを溜め込んでいくことになっていってしまうのです。

参考記事:快適な枕の選び方

2.カビによるにおい

カビ

前述のように、眠っている間にかいた汗や皮脂が布団に染み付くと布団に湿気がたまります。湿気を含んだ布団はカビが発生しやすい環境となり、カビ特有のイヤなにおいを生み出す元となってしまいます。

3.加齢臭によるにおい

ちょっとイヤな響きを持つ言葉ではありますが、加齢臭も布団のにおいの原因のひとつです。
加齢臭とは、胸や背中などの体幹部を中心に皮脂成分が酸化されることで発生するにおいのこと。
加齢臭は50代半ば以降から本格化するといわれており、男性特有のものと思われがちですが性別問わず発生します。
加齢臭は、頭や耳の後ろ、胸のあたりといった上半身を中心に皮脂腺が多くある場所から発生しやすいといわれており、枕や掛け布団はその場所に多く触れているのでにおいが付きやすいのです。

参考記事:男のにおい総研

布団に付いてしまったにおい、対処法は?

布団のにおいは取り除くことはできるのでしょうか。布団に付いてしまったにおいの対処法をいくつかご紹介いたします。

1.まずは天日干ししてみる

まずは布団にこもった湿気を取るために、天日干しをして日光と風に当てましょう。
前日が雨ではなく数日晴れが続いた日を狙い、片面1-2時間ほど両面をしっかりと乾燥させます。干す時間は午後3時くらいまでを目安に。夕方まで干してしまうと逆に布団が湿気を含んでしまいますのでお気をつけください。

2.消臭スプレーを使ってみる

においの根本を正すものではありませんが、即効性を求めるなら消臭スプレーを使ってみるのもひとつの手です。
気になった時にすぐに手軽に使えますし、布団のようなじゃぶじゃぶ洗うことができないものにはとても便利なアイテム。
寝具専用の消臭剤も売られていますので、一度試してみる価値はあるでしょう。

【こんな商品がおすすめ】おひさまの消臭 布団用スプレー(エステー)

3.洗濯やクリーニングでにおいの元を取り除く

干すだけや消臭スプレーではなかなか取れない、布団に染み込んでしまったにおいは洗濯することで解決する場合もあります。
布団に付いてしまった汗や皮脂汚れを洗い流せて、布団に潜むダニを死滅させることもできます。お使いの布団が洗える素材であればぜひとも洗濯してみましょう。

また、次に布団を買い替える際は、におい対策としてシンサレート素材など洗える布団を選ぶこともよい選択といえるでしょう。

【こんな商品がおすすめ】ドクターシンサレートウルトラ ホスピタルグレード 消臭+制菌 掛け布団 シングルサイズ(伊藤清商店)

除湿シートや防臭効果のあるカバーリングを利用する

布団カバー シーツ ベッド 枕

布団自体ににおいが染み込んでしまうのを防ぐため、布団にはシーツやカバーを必ず使用し、こまめに洗濯しましょう。
普段からできるにおいの対策として、除湿シートや消臭効果、防臭効果のあるカバーリングを利用することも重要です。

【こんな商品がおすすめ】

抗菌!消臭!天然成分を原料!掛け布団衿カバー(トップマート楽天市場店)

日本製 Mr.TEXミスターテックス 抗菌 防臭 消臭 掛け布団カバー(ifuton-works)

まとめ

布団に付くにおいの原因は主に

  • 汗や皮脂汚れによるにおい
  • カビによるにおい
  • 加齢臭によるにおい

などがあり、日頃からできる対処法としては天日干しで布団自体をしっかり乾燥させ、洗える素材あれば洗濯を試してみましょう。

それでもどうしても布団のにおいが取れないという場合には、洗える素材の布団に買い替えるというのも最終手段かもしれません。
その際にも日常のにおい対策として、抗菌・防臭・消臭加工のあるカバーリングや吸湿性の高い敷きパッドのご使用をおすすめします。

これからの季節、気温も湿度も上がり汗をかきやすくなりますので今から準備が必要です。
毎日使用する大切な布団、においの原因を知り早めの対策をとりましょう。

寒暖の差が激しい春!春に活躍するオススメ寝具

寒暖の差が激しい春は温度調節に気を遣いますよね。冬に使用していた羽毛布団をそのまま使っていると、気温が暖かい日には暑すぎて就寝中に汗をかいてしまうことも。

だからといって急に薄手の布団に変えてしまうと、肌寒い日には暖かさが足りません。
春はその日の気温によって暖かさを調節できる寝具がおすすめです。花粉症の方は、寝具の花粉対策も十分おこないましょう。

今回は春の季節に活躍する寝具をご紹介いたします。

春 桜 青空

 

1.春は温度調節ができる二枚合わせの羽毛布団が便利!

昨日まで寒かったのに今日は暖かい、逆に暖かい日が続いたと思ったら急に寒さが戻ってきた。春は気候の変化が激しく、温度調節が難しい季節です。

そんなときにおすすめなのが、二枚合わせの羽毛布団。
二枚合わせ布団とは、冬用の布団よりも薄めの「合掛け布団」とさらに薄手の「肌掛け布団」が二枚ワンセットになっている布団。気候に合わせて一枚で使ったり、二枚で使ったりすることができます。まだ寒さの残る春は合い掛け布団を一枚で使い、少し冷える日は肌掛けと合体して二枚で使うなど調節ができてとても便利です。

一年中大活躍!機能的な「2枚合わせ掛け布団」に注目

【こんな商品がおすすめ】
オールシーズン対応 2枚合わせ 羽毛布団 デュエット ベーシック ポーランド産ホワイトダックダウン90%(伊藤清商店)

2.綿毛布であたたかさをプラス

毛布 綿毛布 モコモコ ふわふわ

徐々に気温が暖かくなってくる春は綿毛布がおすすめです。ウールの毛布では保温性がありすぎ、暑さを感じる日も出てくるかもしれません。
綿毛布なら吸湿性にすぐれており、就寝中にかいた汗を吸収してくれるので気候が暖かくなっても快適に過ごせます。家庭で簡単に洗濯ができるのもポイントです。

【こんな商品がおすすめ】
綿毛布 シングル オーガニックコットン使用 西川 コットンブランケット 綿100% (ふとんの江崎)

泉州産しっかり綿毛布(毛羽部分)日本製(BELLE MAISON DAYS)

3.シンサレートなら暖かいのに驚きの軽さ!

シンサレート 布団

新素材シンサレートの掛け布団は春にぴったりの寝具です。薄くて断熱性が良いシンサレート素材は羽毛より暖かいのにとても軽いので、まだ肌寒い時期も多い春の掛け布団として最適。
シンサレートが片側だけ入ったタイプは気温に応じて使えるので、オールシーズン大活躍します。

【こんな商品がおすすめ】
魔法の布団 日本製 シンサレート ウルトラ 掛け布団 掛布団 シングルロングサイズ(ifuton-works)

4.花粉症の方には花粉対策カバーがおすすめ

花粉 くしゃみ 花粉症

春といえばやはり花粉症が気になります。
4月に入ればスギ花粉のピークは過ぎますが、ヒノキやイネの花粉アレルギーをお持ちの方は引き続き辛い季節です。
寝るときにくしゃみが止まらないのは、布団に花粉がついているせいかもしれません。花粉症でお悩みの方には花粉付着防止加工を施した布団カバーがおすすめです。

注意したいのは、化学繊維の入った生地の布団カバー。化学繊維は静電気を帯びて花粉が付着しやすくなります。綿100%の布団カバーを選んでください。また、花粉症がひどい方は花粉症の季節の布団の外干しはなるべく避けた方がいいでしょう。

【こんな商品がおすすめ】
花粉対策カバー アレルガードデラックスサテンストライプ(羽毛ファクトリーすやすや)

日本製 花粉バイバイ ベッド用ボックスシーツ 花粉対策 シングルサイズ(伊藤清商店)

5.敷きパッドは吸汗・速乾性のあるタイプに

人間は寝ている間にコップ約1杯ほどの汗をかくといわれています。気温や湿度が上がる春はより汗をかきやすくなりますので、吸湿性に優れ、肌ざわりの良い敷きパッドに変えましょう。
吸汗・速乾に加え、抗菌防臭、防ダニ加工を施した敷きパッドがオススメです。

【こんな商品がおすすめ】
吸汗速乾・抗菌防臭・防ダニ加工のパイル敷きパッド(ベルメゾン)

敷きパッド 敷パッド シングルサイズ ニットワッフル 涼感素材 吸水 速乾(ifuton-works)

まとめ

女性 羽毛布団 寝る 眠る ベッド
4月に入るとぐっと気温が上がり、思わぬ寒暖の差で体調を崩してしまう方も多い時期です。
春は体調や気温に応じて上手に調節できる寝具を選びましょう。
今回オススメしましたアイテム、ぜひともご参考になさってください。

見極めが大事!羽毛布団の寿命のサインを知ろう

羽毛布団は電化製品のように突然壊れたり、消耗品のようになくなったりしないものです。しかし羽毛布団は毎日使用するものですので、どんなに大事に使っていても目に見えない部分で劣化が進んだり、機能が低下したりしています。また寝心地が悪くなったと感じていても羽毛布団の替え時が分からず、ついそのまま使っているという方が多いかもしれません。

羽毛布団に寿命はある?知っておきたい劣化のサイン

こちらの記事でも羽毛布団の劣化について書きましたが、季節の変わり目の今こそお手持ちの羽毛布団の状態をチェックするよいタイミングです。
今回、羽毛布団の寿命のサインについて今一度おはなししたいと思います。

羽毛布団、寿命のサインは?

寿命 壊れた サイン

季節の変わり目は寝具の入れ替えがあるので、冬に使った羽毛布団を片付ける前に状態を確認しておくのが良いでしょう。また押し入れに使っていない羽毛布団が眠っているという方も同様にチェックすることをおすすめします。

以下に羽毛布団の寿命のサインを表す項目をまとめました。

1.ふくらみやかさ高が減った

羽毛布団は吸湿作用によって汗などの水分を含んでも、羽毛自体が放湿性にも富んでいるので干すことである程度回復します。しかし蓄積した汚れによってダウンボールがダメージを受けていると、羽毛布団は干してもふくらみが戻りにくくなってきます。

こうした状態でへたりやかさ高の減少が見受けられ、購入した時に比べてかさが3分の2前後になったと感じたら寿命の目安として捉えましょう。

2.重くなった気がする

重い 重さ 荷物

今お使いの掛け布団。本当は重いと感じながらもずっと使い続けてはいませんでしょうか?
長い間に蓄積された汗や皮脂によって放湿性を失うと、羽毛布団が重く感じてくる場合があります。これもひとつの寿命のサインといえるでしょう。
重い掛け布団は知らず知らずのうちに体に負担をかけてしまいます。
本来は「軽いのに暖かい」が掛け布団の理想です。

3.保温力が低下した

羽毛布団を使っていて以前に比べて温かさがなくなったように感じてきたら、これも寿命のサインのひとつ。原因としてはダウンボールが劣化したり汚れたりして消耗していることが考えられます。
10年以上使っていて、クリーニングしてもふくらみ・保温性共に回復しないようであれば買い替え時かもしれません。

4.頻繁に羽毛が飛び出してくる

ダウン フェザー 羽毛 羽根

掛け布団の中身である綿や羽が飛び出してはいないでしょうか。
羽毛布団の側生地は基本的にダウンプルーフ加工(目詰め加工)を施すことで羽毛が飛び出さないようにしてあります。
しかしわずかな通気性はありますので急な圧がかかったりすれば中の空気と一緒に小さなダウンファイバーが飛び出したり、スモールフェザーの羽軸が生地に突き刺さって出てくることも。
生地に穴や裂け目、キルティングのほつれがないかチェックしてみて下さい。
穴が大きかったり、生地が傷んで裂けてきているようであれば、側生地の寿命と考えてよいでしょう。

5.羽毛の片寄りが気になる

羽毛布団の中の羽毛が片寄っていませんか?
羽毛布団を長年使用することで、羽毛同士が絡まり固まって片寄ってしまうことがあります。
日頃の使い方の癖や自己流の洗濯なども片寄りの原因にもなりえますが、蓄積された汚れがダウン同士を結びつけていくと片寄りが戻りにくい状態に。干して乾燥した後、反対方向に軽く振っても戻らないようであれば、ひとつの劣化のサインとみなします。

6.臭いが気になる

臭い 臭う くさい 鼻をつまむ

お布団は衣類のように毎日洗濯ができません。特に羽毛布団は顔の近くで使用するものなので、臭いが気になっているという方もいらっしゃるかもしれません。
布団には皮脂や汗がたっぷり含まれています。湿気を含んだ羽毛布団はこまめに干さないと雑菌が増殖し臭いの原因となってしまうことも。
掛け布団カバーを変えても臭いが消えないという場合は、羽毛や側生地自体に臭いが染み込んでいる可能性があります。

寿命の羽毛布団はどうしたら良い?

お使いの羽毛布団の使用年数が10年以上経過している場合で上記のサインに当てはまるようであれば、羽毛布団の寿命がきていると考えてよいかもしれません。
古い羽毛布団を打ち直しをして蘇らせるか、または新しい羽毛布団に買い替えるかという判断になるかと思います。

打ち直しと買い替え、どちらが良い?

悩む女性 悩む 選択

打ち直しは「仕立て直し」や「リフォーム」ともいいます。お布団を一度解体し、わたをほぐしながらゴミや塵などを取り除いて、新品のようにふっくらと蘇らせ、新しい側生地に包み直してお布団を生まれ変わらせるものです。

羽毛布団は決して安い買い物ではありません。新しく買い直すよりも羽毛布団の打ち直しをした方が経済的にもメリットがありますし、ものを永く大事にするということにもつながります。しかし全ての羽毛布団が打ち直しができるわけではありません。

打ち直しについてより詳しく知りたい方は『羽毛布団の打ち直しは買い替えよりお得? 布団のリフォーム「打ち直し」について解説します』をご一読ください。

まとめ

羽毛布団 ベッド 夫婦 男性 女性

いかがでしょうか。
ご紹介いたしました寿命のサイン、幾つか当てはまるものがあったという方。羽毛布団に劣化があるまま使い続けていると睡眠自体の質の低下につながることもあります。
寝具の入れ替えをするタイミングで「そろそろ寿命かな?」と思ったら、羽毛布団の買い替えも検討してみるのも良いかもしれませんね。

 

一年中大活躍!機能的な「2枚合わせ掛け布団」に注目

2枚合わせ掛け布団をお使いになったことはありますか?
使い方やメリットがよく分からずになかなか購入にまで至らないという方も多いようですが、2枚合わせ掛け布団は四季のはっきり分かれた日本では特に、非常に使い勝手の良い布団です。
今回は2枚合わせ掛け布団について使い方やメリットをまとめました。

2枚合わせ掛け布団とは

2枚合わせ掛け布団とは、中綿量の異なる2枚の掛け布団が組み合わさったもの。メーカーによっては「ツインタイプ」「オールシーズン掛け布団」「デュエットタイプ」などといった呼び方があります。

一般的には「合掛け」と呼ばれるシングルサイズで中綿量が0.8~1.0kgほどの掛け布団と、「肌掛け」と呼ばれる中綿量が0.3~0.7kgほどの掛け布団の2種類がセットです(中綿量はメーカーや製造元によって異なりますので目安にしてください)。

2枚合わせ掛け布団の使い方は?

布団を洗濯する前に

2枚合わせ掛け布団は、主に3通りの使い方があります。

夏場は肌掛け1枚で

夏の暑い時期は肌掛け布団を使いましょう。夏でもタオルケットだけでは体が冷えすぎてしまうので、冷房対策として薄くて軽い肌掛け布団はとても重宝します。

春秋は合掛け1枚で

春や秋など、日によって気温差が激しいシーズンには合掛け布団を使用します。汗のかきやすいお子さまや、冬でも温暖な地域にお住まいの場合は冬でも合掛け布団で十分かもしれませんね。

冬は2枚を重ねて

そして冬の寒い時期は肌掛けと合掛けを合体させて使います。
このように、2枚合わせ布団は2枚の掛け布団を合わせたり独立させたりと、オールシーズン使い回せるスグレモノなのです。

2枚合わせ掛け布団のメリットは

布団のメリット

次に2枚合わせ掛け布団のメリットをみてみましょう。

1.収納スペースが少なくて済む

寝具の中でも特に掛け布団はカサがあるので収納に多く場所を取ってしまいますが、2枚合わせ掛け布団は収納スペースが少なくても心配ありません。2枚合わせ掛け布団が1組あれば年間を通じて使用できるので、季節ごとにお布団を所有しなくて済みます。

2.使い方は3通り、プラスアルファでより機能的

2枚合わせ掛け布団は3通りの使い方ができると前述しましたが、体調や気温に応じてタオルケットや毛布、綿毛布を追加すればより機能的に。2枚合わせ掛け布団は臨機応変に使い回しが可能です。

3.別々に購入するよりも経済的

2枚合わせ掛け布団が1組あれば夏用・冬用と何枚も掛け布団を買う必要がないため、合掛け布団と肌掛け布団を単品で買うよりも経済的です。

2枚合わせ掛け布団はどんな人におすすめ?

マンション リビング

2枚合わせ掛け布団はとても機能的なことから、これから一人暮らしを始める方、新婚さん、単身赴任の方にぴったり。
収納スペースが限られていてできるだけかさばる荷物を減らしたい方、1つの布団をオールシーズン使いたい方にもおすすめです。
またマンションなど高断熱・高気密の家にお住まいの場合、冬でもさほど厚い布団は必要ないという方にも2枚合わせ掛け布団は適しているのではないでしょうか。

2枚合わせ掛け布団を選ぶ際のチェックポイント

2枚合わせ掛け布団を選ぶ際のチェックすべきポイントをみてみましょう。

1.布団2枚の着脱が簡単でしっかり固定できるものを

2枚合わせ掛け布団は、スナップボタンやアメリカンホックで2枚を重ね合わせできるタイプが一般的です。布団の着脱が簡単かどうか、また就寝中に布団同士がずれない工夫がされているかなど、ボタンの仕様や紐の有無をチェックしましょう。

ボタンの数は多いほうがずれにくいといえます。シングルからダブルくらいのサイズであればホックの数は8か所、クイーンやキングなど大きめサイズは10か所ほどあると安心です。

2.中綿は羽毛がおすすめ

2枚合わせ掛け布団は当然掛け布団を2枚合わせて使うため、1枚ものよりも重さが気になるところ。
掛け布団の中綿は羽根やポリエステル、綿など使用されている素材もさまざまですが、2枚合わせ掛け布団には断然「羽毛」がおすすめです。
通気性、保温性ともに高い羽毛で作られた2枚合わせ掛け布団は、合掛けと肌掛けの間に空気の層ができてよりあたたかさがアップします。

詳しい羽毛の種類については

羽毛の種類はどう選ぶ?おさえておきたい羽毛布団の基礎知識

参考になさってください。

まとめ

連結

いかがでしょうか。2枚合わせ掛け布団は機能的で使い勝手が良く、オールシーズン大活躍する万能アイテムです。
気温差の激しい今の時期や、春から新生活をスタートされる方にまさに理想的で最適な掛け布団といえるでしょう。

2枚合わせ布団って使い勝手はどうなんだろう?と以前より気になっていた方。ぜひとも本記事を参考になさってください。

羽毛布団の側生地の素材は何がおすすめ?

布団 羽毛布団 掛け布団

羽毛布団の羽毛は湿度や温度を調節し、布団の中を快適に保ってくれます。この羽毛の優れた機能を最大限に生かすためにも側生地の素材選びはとても重要です。今回は羽毛布団の側生地の素材についておはなしします。

羽毛布団の側生地にふさわしい素材とは?

布団 眠る 

羽毛布団の側生地にはどのような素材が適しているのでしょうか。

吸湿・放湿性、通気性に優れている

羽毛は吸湿・放湿性、通気性に大変優れており、布団の中の温度や湿度を調節して快適に保ってくれます。この素晴らしい機能を損なわないためには、側生地も吸湿・放湿性、通気性に優れた素材を選ぶことが大切です。吸湿・放湿性、通気性の良くない側生地を使った布団の場合、寝ている間に布団の中がムレてしまい寝苦しさを感じることもあります。

耐久性に優れている

羽毛布団は毎日使うものであり、比較的試用期間が長い寝具ですので耐久性に優れた側生地素材を選ぶ必要があります。強度があり、洗濯や長年の使用に耐えられる生地を選びましょう。

軽い

羽毛の吹き出し防止のため、羽毛布団の側生地は高密度に織られており普通の布よりも重さを感じることがあります。布団の重さは寝苦しさの原因になることもありますので、できるだけ軽量の素材で作られた側生地がおすすめです。また側生地が重いと中の羽毛が潰れてしまい、空気を十分に含むことができずに保温力を発揮できないということもあります。

ドレープ性が高い

ドレープ性とは布が体にまとわることをいいます。ドレープ性が高い生地は体にフィットしやすく、体を包み込むような肌触りです。ドレープ性の高い素材を使った側生地の布団は体をしっかり包むので、布団と体の間に隙間を作らず、冷たい空気が入り込むのを防ぐことができます。

羽毛布団の側生地はどんな素材で作られているの?

ベッド派と布団派

羽毛布団の側生地には綿、合成繊維、シルクなどが使われているのが一般的です。それぞれの素材について知っておきましょう。

綿

AdobeStock_55394513

肌触りが良く、吸湿・放湿性に優れた綿は羽毛布団の側生地に大変適した素材です。軽さを出すためにポリエステルを混紡した素材もありますが、通気性・放湿性を重視するなら、綿100%をおすすめします。

綿の中でも繊維の長さが長い超長綿(繊維の長さが35mm以上)は高級品とされています。繊維が長い超長綿は細くて強度の高い糸を作ることができ、羽毛布団の側生地に適した薄くて丈夫な布を作ることができます。

メリット:肌触りが良い。吸湿・放湿性に優れている

デメリット:糸の番手(太さ)が太いとゴワゴワしたり、布に湿気がたまってしまったりすることがある。

合成繊維

AdobeStock_31393600

合成繊維を使った側生地もよくみかけます。その多くはポリエステル100%やポリエステルと綿を混紡した素材です。ポリエステルは綿に比べると軽くてつるりとした肌触りが気持ち良いですが、通気性は綿に劣ります。また静電気が起きやすくホコリを吸い寄せてしまうためアレルギーがある方は注意が必要です。

最近ではユーカリを原料とする「リヨセル」という素材が使われた側生地もあります。繊維の断面が円形をしており、強度、吸湿・放湿性が高いという特徴があります。光沢のある、やさしくやわらかな風合いが魅力です。

メリット:軽くて安価。つるりとした肌触りが気持ち良い。

デメリット:通気性が悪くムレやすい。静電気が起きやすいのでホコリを吸い寄せる。

シルク

シルク 繭

シルクは蚕の繭から作られる天然素材で、美しい光沢となめらかな手触りが特徴です。吸湿・放湿性にも大変優れており、天然素材のため静電気も起こりにくいというメリットがあります。羽毛布団の側生地に大変適した素材といえますが、残念ながらシルクは繊細で摩擦に弱いというデメリットも。
そのような理由で最近はシルク100%の側生地は少なくなっているようです。

メリット:肌触りがなめらか。吸湿・放湿性に優れている。

デメリット:貴重なため高価。繊細で摩擦に弱く耐久性に劣る。

まとめ:おすすめはどの素材?

羽毛布団の側生地の素材についておはなししました。

やはりおすすめは綿100%の側生地です。ご紹介した超長綿の側生地は薄くて滑らかですので、羽毛布団の側生地に最適です。羽毛の通気性、吸湿・放湿性も損ないません。
また、側生地選びは素材のほかにも糸の番手(太さ)や織り方も考慮すべき要素といえるでしょう。

詳しくは『羽毛布団の側生地に詳しくなろう!信頼できる側生地製造メーカーは?』で解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

今回の内容をまとめました。

・羽毛布団の側生地にふさわしいのは「吸湿・放湿性、通気性に優れている」「耐久性が高い」「軽い」「ドレープ性が高い」素材

・羽毛布団に使われる主な素材は「綿」「合成繊維」「シルク」

・おすすめは綿100%の側生地

羽毛の産地はどこを選ぶ?羽毛布団を買う前に知っておきたいポイント

地球儀を持っている人の手,緑色の背景

羽毛布団に表示されている羽毛の産地。皆さまは羽毛布団を購入する際、どの程度羽毛の産地を意識されるでしょうか。
また産地によって品質にどんな違いがあるのかも気になるところです。
どのような産地があってそれぞれどのような特徴があるのか、羽毛布団を購入する前に少しでも知識として知っておきたいもの。
今回は代表的な羽毛の産地について、基本的な情報をまとめてみました。

代表的な羽毛の産地

地球儀 ヨーロッパ

一般的に、羽毛は寒暖差の激しい寒冷地で育った水鳥から採取されたものが良質とされています。厳しい寒さの中で育った水鳥は、寒さから身を守るためにより保温力の高い羽毛をたくわえるため、保温性の高い良質な羽毛となるのです。

羽毛の主な産地は、ポーランドやハンガリー、フランスなどヨーロッパの寒い地域や、ロシア、カナダ、中国などです。中でもポーランドとハンガリーは古くから国をあげて羽毛の生産に力を注いできたという歴史があり、管理体制もしっかりしているため羽毛産地としての評価が高く、良質な羽毛を生産していることで知られています。

◉ハンガリー

ハンガリーは日本の北海道とほぼ同じ緯度にあり、冬の寒さは厳しくマイナス10℃近くになることもあります。羽毛の産地に大変適した気候です。恵まれた自然の中で飼育されたグースやダックは、体格よく育ち、その羽毛はダウンボールが大きく、耐久性にも優れています。生産量はヨーロッパ最大規模です。

◉ポーランド

寒暖差の激しいポーランドもハンガリーと並んで良質な羽毛産出国です。管理の行き届いた広大な農場で育てられ、体格の良い水鳥からしっかりと成熟した羽毛が採取できます。ダウンボールが大きく、保温性に優れているだけでなく美しい白さがポーランドの羽毛の魅力です。
なかでも、ポーランドで厳しい品質管理のもとで品種改良され生まれた「ホワイト・コウダ種」のマザーグースダウンは最高級品質の羽毛といわれています。

◉カナダ

寒さが特に厳しいカナダの北極圏付近で飼育される水鳥は、より暖かな羽毛をたくわえるため、かさ高や保温性に優れた良質の羽毛を採取することができます。

◉フランス

寒暖差の激しいフランスのピレネー地方で飼育された水鳥の羽毛は保温性に優れています。

◉ロシア

ロシア中南部のアルタイ地方は冬になるとマイナス40℃になる極寒地で、羽毛の産地として有名です。そのような厳しい環境で育った水鳥から保温性の高い良質な羽毛が採れます。

◉中国

中国は世界最大の羽毛産出国です。中でも年間の寒暖差が60℃にもなるという吉林(チーリン)省は良質な羽毛産地として知られています。

どの産地の羽毛が良質なの?

ベッド派と布団派

羽毛は農産物と同じで、同じ種類の水鳥でも飼育地域の気候や飼育状況などにより品質が変わってきます。つまり産地だけで羽毛の品質を見極めることはできないのです。
羽毛産業の長い歴史があり、管理体制も整っているハンガリーやポーランド産であればより良質な羽毛である可能性は高いですが、ポーランドやハンガリーの羽毛もすべてが高品質というわけではありません。

逆に、あまり印象の良くない中国産の羽毛でも高品質のものもあります。産地による品質の違いはそれほど大きなものではありませんので、あまり産地に惑わされず、ダウンパワーや信頼できる品質保証ラベル、各種認定機関の認定を受けているか、なども確認して羽毛のクオリティをしっかりと見極めることが大切です。

品質の目安となるラベル

日本羽毛製品協同組合 ゴールドラベル

ダウンパワー(羽毛のかさ高を数値化したもの)を保証する証明書。かさ高に応じて4つのラベルがあり、より上のクラスほどボリュームのある羽毛が使われた上質な羽毛布団ということがラベルで分かるようになっています。

ダウンパス(DOWNPASS)

羽毛の品質や、倫理的に適切に飼育された水鳥の羽毛を使用していることを保証する規格。欧州で定められた基準に従っています。

まとめ

羽毛の産地について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。
今回の内容をまとめておきます。ぜひ羽毛布団選びの参考にしてみてください。

・羽毛の主な産地はハンガリー、ポーランド、カナダ、ロシア、中国など

・ハンガリーはヨーロッパ最大規模の羽毛産出国

・ポーランドも良質な羽毛の生産国でホワイト・コウダ種」のマザーグースダウンは最高級品質の羽毛

・羽毛の産地による品質の違いはそれほど大きくない

・産地の表記だけに惑わされず、ダウンパワーなどから羽毛のクオリティを見極めることが大切

羽毛布団の打ち直しは買い替えよりお得? 布団のリフォーム「打ち直し」について解説します

young asian woman lifestyle image

今使っている羽毛布団をできるだけ長く使えれば、環境にも家計にもやさしくて嬉しいのだけど…。そんな方には、羽毛布団のリフォーム「打ち直し」はいかがしょうか。
とおすすめしたいところですが、残念ながら羽毛布団なら何でも打ち直しができる、買い替えよりも絶対お得、というわけではないのです。

打ち直しが、買い換えよりもお得になるのはどんなときなのでしょうか。今回は羽毛布団の打ち直しについて解説します。

「打ち直し」とは?

Duck down,Filling material of down jackets.

「打ち直し」とは、もともとは綿布団の打ち直しに由来する言葉です。昔、綿布団を作るときに綿を採取し、それを「わた打ち」と呼ばれる弓のような道具で打ってふかふかにさせてから生地に詰めていたことから「打つ」という言葉が使われてるそう。「打ち直し」という言葉には、新品のようにふかふかの布団によみがえらせるという意味合いが含まれています。

最近では「打ち直し」という言葉を使わずに布団の「リフォーム」と謳っている業者も多いですが、工程や羽毛の復元効果に大きな違いはないようです。

打ち直しってどんなことをするの?

羽毛布団の打ち直しとはどのようなことをするのでしょうか。
業者によって順番や内容はさまざまですが、多くの業者でおこなわれている一般的な打ち直しの工程は
布団を解体して羽毛を取り出し、洗浄、乾燥し、その後、足りない羽毛を足して新しい側生地で仕立て直しをする、という流れが一般的です。

「打ち直し」と「リサイクル」の違いに注意!

注意したいのが「打ち直し」と「リサイクル」の違いです。打ち直しは、自分が使っていた羽毛布団の羽毛を取り出して、洗浄、足し羽毛、仕立て直しなどをしますが、リサイクルは廃棄処分にされた羽毛布団の羽毛を再利用すること。不特定の人が使用していた羽毛布団の羽毛を取り出し、洗浄、仕立て直しをすることで、打ち直しとは大きく異なります。

また、中には「リフォーム(打ち直し)」と「リサイクル」を同じ意味で使用している業者も。自分の布団を打ち直して使いたいという方は「リフォーム」「リサイクル」という言葉がどのような意味で使われているのか、しっかり確認をしてから依頼しましょう。

羽毛布団を打ち直しするメリット

布団を打ち直しするメリットをみてみましょう。

  • 環境にやさしい

    Dollarphotoclub_65837260

    昨今、布団の粗大ごみの量が問題になっていることは現代の大きな課題となっています。東京都の粗大ごみのうち最も多く捨てられているのが布団であったというデータもあるようです。打ち直しをして少しでも長く使うことが環境保護につながります。

  • お財布にやさしい

    Dollarphotoclub_78937722

    近年、ダックやグースの食肉需要の減少や、動物愛護の問題などが原因で羽毛原料価格が高騰しています。そのため、現在持っている布団と同価格帯の羽毛布団を購入した場合、品質が落ちてしまうということもありえます。高品質の羽毛を使った羽毛布団をお持ちの場合、打ち直しをして、より長く使用した方が、買い替えるよりもお得となる可能性が高いでしょう。また、羽毛を洗浄することで布団を清潔に保つことができ、より長持ちさせることができるというメリットもあります。

打ち直しでこんなこともできる!

打ち直しではシングル2枚をダブル1枚に、ダブルをシングルに…など希望のサイズに変更することも可能です。業者により変更可能なサイズは異なりますが、押し入れで眠っているお客様用の布団を普段使いのダブルサイズにするなど、使っていない羽毛布団を生かすこともできます。

羽毛布団の打ち直しに適切な時期は?

Cropped image of businesswoman writing on checklist

打ち直しをする時期を見極めるポイントをいくつかご紹介します。これらにあてはまるときは、打ち直しを考えてみるといいでしょう。

以前ほどあたたかさを感じなくなった

長年使用して羽毛のパワーが落ちてしまうと、空気をたくさん含まなくなってしまいます。それにより保温性が落ちてしまいます。

側生地が汚れている

食べ物や飲み物をこぼしてしまった、ペットが粗相してしまった、など汚れてしまったときも打ち直しがおすすめです。打ち直しの際に、新しい側生地で仕立て直しをすることができます。

全体的にボリュームがなくなった

汚れやホコリがつくと羽毛のパワーが落ちてしまいます。打ち直しでは、洗浄や除塵の工程で汚れやホコリを取り除きます。

5年以上使っている

打ち直しは、使い始めてから10年以内におこなうのがおすすめです。あまり古くなりすぎると羽毛の復元が難しくなってしまいます。

えり元や足元がヘタってきた

体がよく触れる部分は、羽毛がヘタりやすくなります。

羽毛が飛び出してくるようになった

側生地が傷んでいる可能性があります。生地が傷んでいる場合は、丸洗いではなく布団を解体して羽毛を取り出してから羽毛だけを洗浄する本洗いという方法で打ち直しをおこなってもらえる業者に頼むといいでしょう。

側生地が傷んできた

側生地が傷むと羽毛が飛び出しやすくなります。

臭いが気になるようになった

羽毛や側生地についた汗や皮脂が、臭いの原因となることがあります。

羽毛に片寄りがある

長年の使用によって、羽毛同士が絡まりかたまって片寄ってしまうことがあります。打ち直しは、洗浄・乾燥・攪拌をすることで、その絡まりをとってふわふわに仕上げることができます。

あなたの羽毛布団は打ち直しに向いている?

Checklist with the options: Yes or No

環境にもお財布にもやさしい打ち直し。とても魅力的ですが、残念ながら全ての羽毛布団が打ち直しに向いているというわけではありません。

お持ちの羽毛布団は打ち直しに適しているでしょうか。いくつかチェックポイントをご紹介します。

羽毛の品質

高品質といわれる成熟した水鳥の羽毛は、長年使用しても復元力が十分ありますが、若いうちに採取した未熟な羽毛など品質の劣るものについては、打ち直しをしても元のようなたっぷりと空気を含んだふわふわの羽毛には戻らない場合があります。購入時の金額が打ち直しの料金と変わらないくらいの低価格の羽毛布団の場合は、買い替えた方がよいかもしれません。また、高額で購入した羽毛布団であっても中に詰められている羽毛に粗悪品が使われていることもまれにあります。その場合は打ち直しは難しくなります。打ち直しの前に、一度、信頼できる業者に診断をしてもらうことがおすすめです。

ダウン率

ダウン率が低くフェザーの量が多い羽毛布団は、もともと入っているダウンが少なく十分なボリュームを出すために足し羽毛の量を多くする必要があります。そのため、その分の価格が高くなってしまうので買い替えたほうが安く済むという場合があります。

使用年数

使用年数は、10年以内のものであれば打ち直しに適しています。15年以上使用しているものは羽毛が傷んでいることが多くパワーも落ちていますので、打ち直しをしてもあまり効果が期待できません。ただし、高品質の羽毛布団でお手入れをしっかりとしていて羽毛に十分パワーがある場合は、その限りではありません。

ボリューム

購入時より極端にボリュームがなくなってしまった羽毛布団は、もともとパワーのない羽毛を使用している可能性があります。1年しか使用していないのにへたってしまった、という場合は、粗悪品の可能性があり、打ち直しをしても効果が期待できないと考えた方がいいでしょう。

打ち直しの回数

品質の良い羽毛布団であっても、長年使用していると羽毛の毛先が壊れてしまい、洗浄してもボリュームを取り戻すことが難しくなってしまいます。過去に打ち直しをして、長年使用した羽毛布団は羽毛の状態を復元するのが難しいと考えた方がいいでしょう。洗浄によるダメージは少ないよう工夫はされていますが、それでも羽毛布団の場合打ち直しの回数には限度があります。業者に相談して診断をしてもらうことをおすすめします。

打ち直しは買い替えよりお得?

Dollarphotoclub_79064458

打ち直しを考えている方にとって一番気になるのが、買い替えとどっちがお得かという点ではないでしょうか。ここでは、打ち直しの価格がどう決まるのか、どういう場合に打ち直したほうがお得なのかについて、解説していきます。

価格はなにで決まるの?

打ち直しの価格は業者により異なりますが、作業工程によって価格の違いがある場合は少なく、主に足し羽毛の品質、側生地の品質、サイズによって決まります。場合によっては、打ち直しするよりも買い換えたほうが安く済むこともありますので、信頼できる業者と相談のうえ決めることがおすすめです。

足し羽毛の品質

補充する羽毛の品質が良く、そのダウン率(羽毛が占める割合)が高いほど価格が高くなります。

足し羽毛の量

選別によって再利用できる羽毛が少なかったり、もともとのダウン率が低かったりするものは、後で補充する羽毛の量が多くなります。その場合も価格に影響が出ます。

側生地の品質

側生地の品質が良いものほど、通気性・透湿性にすぐれ、羽毛の機能を十分に生かすことができます。羽毛布団の側生地は羽毛の飛び出しを防ぐために高密度に織られた布である必要があり、かつ通気性・透湿性も損なわないものが理想です。また、長期間使用することを考えると、強度や耐久性にもすぐれていることが望ましいといえるでしょう。

生地を織る糸が細いほど、より高密度で肌触りやドレープ性(肌ほどよくフィットすること)の良い布ができますので、細番手の糸の方が高級品となり、価格も上がります。羽毛布団の側生地は、60番手、80番手の糸を使用した生地が一般的です。(糸が細くなると番手数が増えます。この場合、80番手の方がより細い糸を使っていることになります。)40番手程度の太番手の糸は低価格ですが、ごわつきや、パリパリとした肌触りが苦手な方は、避けた方がよいでしょう。

素材は、ポリエステルよりも綿100%の方が高級品とされ、価格が高くなります。また、側生地のキルティングの構造によっても価格が変わります。

買い替えとどっちがお得なの?

ここまで見てきてお分かりかと思いますが、買い替えと打ち直し、一概にどっちがお得、とはいえません。羽毛布団の難しいところです。打ち直し、買い替え、それぞれがお得になる場合を整理してみましたので、参考にしてみてください。

【打ち直した方がお得になる可能性が高いケース】

・羽毛が高品質で購入金額が高かった

・購入金額はそれほどでもないが、羽毛の品質が良い

・羽毛の傷み具合が少ない

・購入してから10年経っていない

・一度も打ち直しをしていない

【買い替えた方がお得になる可能性が高いケース】

・安価の羽毛布団を購入した(打ち直しの料金よりも安い)

・購入した金額は高かったが、羽毛の品質が悪い

・ダウン率が低い

・羽毛の傷み具合がひどい

・購入してから15年以上経っている

・過去に打ち直しをしている

一般の消費者である私たちには見極めが難しいこともありますので、信頼のできる業者を見つけて、診断してもらうことがおすすめです。

良心的な業者であれば、打ち直しが不向きな場合は、買い替えをすすめてくれます。見積もりをしてもらい、金額を見てから打ち直しか買い替えかを決めるといいでしょう。

打ち直しを依頼する前に

Rollsplitt 01

打ち直しを依頼する際に失敗しないためのポイントをご紹介します。

どんな業者に頼めばいいの?

羽毛布団は縫い合わせてしまうと中身が見えなくなってしまう商品です。そのため、それを利用し、品質の悪い羽毛を使用して質に見合わない価格を請求する悪質な業者もあります。羽毛布団の打ち直しを依頼するときには、信頼できる業者を見つけることが大切です。

打ち直し業者のポームページなどで、打ち直し工程など詳しい内容を確認しましょう。洗浄の際に個別で洗っているか、他人の羽毛と混ざらないように注意をしているか、など、気になることをまずは確認しておくことが大切です。また、実際に利用された方のレビューや、店主の知識が豊富か、などもチェックするといいでしょう。ホームページの情報だけでは分からないことは、問い合わせをして、確認しておくことをおすすめします。

【日本羽毛製品協同組合のリフォーム認定工場】

「日本羽毛製品協同組合」のリフォーム認定工場は、組合のリフォーム(打ち直し)の基準を満たしていると認定された工場です。主に下記のような項目について審査されます。

・羽毛布団のリフォーム・リペアを正しくおこなうための設備が整っているか

・個別の顧客ごとにしっかりと管理されているか

・解体した側生地や工程で発生する廃棄物が適切に処理されているか

このリフォーム認定工場でリフォーム(打ち直し)された布団には、洗浄方法の項でご紹介したとおり、加工方法を証明するリフォール認定ラベルが添付されます。

日本羽毛製品協同組合 リフォーム認定工場

きちんと審査がされた工場であると分かれば安心してリフォーム(打ち直し)を依頼することができます。

どれくらいの期間でできるの?

打ち直しにかかる期間は、2〜3週間程度という業者が多いですが、秋から冬の繁忙期にはそれ以上かかる場合もありますので、寒くなる前に準備をしておくことがおすすめです。

こんな業者には要注意!

悪質な業者につかまらないようにしましょう。気をつけるべき業者について解説します。

アフターケアサービスといって訪問

有名な布団メーカーのアフターケアサービス業者と名乗って、布団の打ち直しを不当な金額で勧める悪質業者があります。突然の訪問販売は相手が提示する情報しか判断材料がありません。一度断って、インターネットなどで業者について確認してから冷静に判断しましょう。不当な金額を払わされないようにしっかりと知識を身につけておくことも大切です。

古い羽毛布団には希少価値がある?

古い羽毛布団に希少価値があるといって、加工費を不当に高く請求する悪質な業者には注意してください。希少価値があるといわれるとついいい気分になってしまいますが、業者の口車に乗せられて不当な金額を支払うことのないよう気を付けましょう。

羽毛布団は一生もの?

こちらは悪質といえるケースではありませんが、羽毛布団は一生ものだから、どんなに古い羽毛布団でも打ち直しができる、どんな状態の羽毛布団でも打ち直しができる、という業者は避けたほうがいいかもしれません。

古い羽毛は繊維が壊れてパワーが落ちてしまいます。洗浄をしても、どうしても回復が難しくなります。結果、打ち直しの効果があまり出ず、満足できる仕上がりにならないこともあるのです。

このような業者を利用する場合は、しっかりと見積もりを出してもらい、納得をしてから依頼することが大切です。ただし、思い入れがあって使い続けたい古い羽毛布団があって、他の業者では受け付けてもらえない、という場合には利用する価値があるといえます。

打ち直しが絶対にお得、と打ち直しを強くすすめる

打ち直し業者の心情としては、少しでもたくさん打ち直しの依頼を受けたいところです。その気持ちはよく分かります。しかし、だからといって、誰にとっても打ち直しが絶対的にお得、といえるわけではありません。

新品と打ち直しの価格の差を大きく見せるために、羽毛のグレードや側生地の素材のランクを大幅に下げて勧める業者もあります。それを見極めるためには、見積もりの際に羽毛の種類やダウン率、側生地の素材などの詳細をきちんと確認することが大切です。

まとめ

いかがでしたか? 打ち直しについて理解していただけたでしょうか。

持っている本人が中身を確認することできない羽毛布団。本当に信頼のできる業者を見つけること、自分自身が羽毛布団と打ち直しに関する知識を身につけることが、納得のいく打ち直しになるかどうか、の鍵になります。

大切な羽毛布団、打ち直しによって蘇らせることができるのならこんなに嬉しいことはないですね。
羽毛布団の打ち直しについてもう一度、簡単におさらいしておきましょう。

 ・羽毛の洗浄、足し羽毛をして、新しい側生地に詰め直すことを打ち直しという

・打ち直しは、十分に使えるうちにする

・羽毛の品質や状態が良い場合は、打ち直しがお得になる可能性が高い

・信頼のできる業者に依頼することが大切

羽毛布団の打ち直しを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。それでもやはり、買い換えた方がお得だという場合や、長く使う事を考え新しく買い換えた方が良いと思われる場合は以下の記事を参考にしてみてくださいね。

どんな羽毛布団を買えばよい? タイプ別にみるおすすめ羽毛布団とは

どんな羽毛布団を買えばよい? タイプ別にみるおすすめ羽毛布団とは

 

羽毛布団 女性 眠る 寝る ベッド産地や羽毛の種類だけでは品質を決められないのが羽毛布団の難しいところでもあります。さらに羽毛の品質に加え、側生地やキルティングの構造も羽毛布団の機能である保温性や通気性・透湿性に影響します。

あれこれリサーチすればコストパフォーマンスのよい、高品質の羽毛布団を見つけることができるかもしれません。しかし品質がよければ誰にとっても快適な羽毛布団というわけでもありません。
環境や体質にあった羽毛布団を買うことも大切なポイントです。

今回は、羽毛布団を選ぶときのチェックポイントとそれぞれの環境、体質に合った羽毛布団を見つけるポイントをご紹介します。

購入するときのチェックポイント

羽毛の品質は水鳥の飼育状況などにより変わるので、羽毛の種類や産地だけで品質を決めることができません。高品質とされるマザーグースの羽毛であっても、中国や東南アジアなどの暖かい地域で飼育された場合は品質が落ちる場合があったり、マザーグースより劣るとされるマザーダックの羽毛でも、ヨーロッパやカナダなどの寒冷地で飼育された場合は品質が高くなる場合があったりします。

前の記事でもおはなししましたが、中身が見えない分、売り文句だけに惑わされがちなのが羽毛布団です。

参考記事:売り文句で決めてない?羽毛布団を選ぶ前に押さえておきたい3つのポイント

産地や羽毛の種類、うたい文句だけに頼らず実際に寝具専門店や百貨店などに足を運んで、直接見たり、触ったりして品質をある程度見定めたうえで購入を決めることも大切です。その際チェックするべきポイントと、購入の際に気をつけるとよいポイントをご紹介します。

店頭でチェックするべき5つのポイント

Duvet roll

寝具専門店などで購入する場合は、直接見たり触ったりして購入を決めることができます。五感を研ぎ澄ませて品質を見極めましょう。

⒈臭い

多少の臭いであれば、使ったり干したりすることでやわらぐ場合が多いですが、あまりひどい場合は洗浄が不十分か、若い未熟な羽毛を使っている可能性も。若い鳥のスモールフェザーは羽軸に成長に必要な栄養分が入っているのですが、これは洗浄では洗い流せないため、臭いの原因となる場合があります。

⒉重さ

持ってみて重いと感じるようであれば重量を確認してみましょう。ダックダウンシングルサイズで1.2kg以下が目安です。グースダウンで1.0〜0.8kg。それ以上重いものは洗浄不足でゴミなどが混入している場合があります。羽毛の品質に問題がないとしても、あまり重いものは睡眠の妨げになることもありますので、直感で重いと感じるようなら検討し直した方が無難かもしれません。

⒊羽毛の詰め具合

あまりにも羽毛を詰めすぎてパンパンになっているものは体にフィットせず、隙間からあたたかい空気が逃げてしまいます。羽毛は使用することで羽毛と羽毛の間に含まれる空気が温まって膨張し、かさが増えていくもの。最初からパンパンに詰めすぎている布団は避けた方がよいでしょう。

⒋弾力

一見、弾力がある方がよさそうですが押してすぐに返ってくるものは未熟な羽毛を使っている可能性があります。未熟な羽毛は羽枝が短く立っているので、弾力があります(これは髪の毛が短いと立ってしまうのと同じです)。
またダウンでなく弾力のあるフェザーが多く使われているケースも。押してからじわじわとゆっくり返ってくるものが理想です。

⒌縫製

いうまでもありませんが、縫い目が雑だったりほころびていたりするものは、品質に期待ができません。耐久性にも問題がありますので、購入は控えたほうが無難です。

失敗しないための5つのポイント

失敗しないために

ここでは店頭購入だけでなく、通販やインターネットで購入する場合にもチェックしておくと失敗しにくいポイントをご紹介します。

⒈直射日光で日干しできるか

日干しができないものは特殊な加工をしている場合があります。樹脂加工された羽毛や側生地が使われていると、布団の通気性・透湿性が損なわれてしまいます。

⒉側生地の素材

樹脂加工がされているものは通気性を損ないます。通気性・透湿性を損なわない無地の綿や羽毛の吹き出しを防ぐために高密度に織られた布がおすすめです。よくサテンと書かれていることがありますが、サテンとは織り方のこと。ツイルやサテンは高密度の織り方で、羽毛布団の側生地に適しています。

⒊キルティングの構造

羽毛を入れて表生地と裏生地を縫い合わせた平面キルト(たたきキルト)と、キルトのマス目にマチをつけて箱状に作る立体キルトがあります。平面キルトは比較的安価で手に入りますが、縫い目の部分に羽毛がなく、谷間が大きくなるので隙間ができてしまい保温力が下がります。あたたかさを重視するなら、立体キルトかキルトを2層にした2層式立体キルトがおすすめです。

⒋キルティングのマス目の数

キルトのマス目の数が多いほど体にフィットしやすくなりますが、多すぎるとマス目ひとつの箱の大きさが小さくなり、入れられる羽毛の量が減って保温力が下がってしまいます。一般的な4×6マスや、縫い目が体の中央に当たらない5×6マスの布団がおすすめです。

⒌サイズ

良い品質の羽毛布団を購入しても、体に合ったサイズでなければ快適に使えません。ご自身の体型や普段使用している布団のサイズを基準にして選びます。
通販やインターネットで購入する場合は、信頼できるレビューを参考にしたり、気になることは問い合わせをしたりするなどして、できるだけ詳しく品質を確認するとよいでしょう。

あなたに合った羽毛布団は?

あなたに合った羽毛布団は

さて、ここからがいよいよ本題です。

最高品質の羽毛布団が誰にでも快適とは限りませんし、それぞれの予算の都合もあるもの。使う環境や体型、体質などによって快適な羽毛布団は異なりますので、予算や環境に合った羽毛布団を探す必要があります。あなたに合うのはどんな羽毛布団でしょうか? タイプ別におすすめの羽毛布団をご紹介しましょう。

タイプ1:極上の眠りを追求したい! とにかく品質重視

布団は眠るときに必ず使うものですので、当然睡眠の質に大きく影響します。毎日快適に眠れなければ健康にも影響が出てしまうので、寝具選びはとても重要です。
品質のよくない羽毛布団は保温性、通気性・透湿性に欠け、寒くて眠れなかったり、逆にムレて暑くて目が覚めてしまったりと睡眠の妨げになることも。
ぐっすり眠りたいという方は、品質を重視して購入されることをおすすめします。

【購入のポイント】
保温性、通気性・透湿性にすぐれた高品質の羽毛を使った羽毛布団を選びましょう。あわせて側生地の通気性がよいかどうかも確認が必要です。

また、寝心地を重視したい方には肌にまとわりつきすぎるやわらかい布地を使った側生地ものや、ソフト加工などを施したやわらかい布団はおすすめできません。寝返りが打ちにくく、寝苦しさを感じてしまいます。綿のなかでも高級品の超長綿100%の側生地を使用した羽毛布団がおすすめです。

【これがおすすめ!】
ポーランド産のホワイトグースは豊かな弾力性と保温性を持つといわれています。またかさ高が165mm以上であれば軽くて暖かな高品質の布団といえるでしょう。

羽毛布団 グレース ポーランドホワイトグースダウン93% シングルロングサイズ ロイヤルゴールドラベル (ブルー)

さらにこだわりたい方には、北極圏に生息する野生のカモの羽毛のアイダーダウンという、超高級ダウンもおすすめです。アイダーダウンはダウンの宝石と呼ばれ別格の最高級品といわれています。ただし、別格というだけあって安価では手に入らず、価格は100万円を超えるものがほとんどです。

アイスランド ロイズアイダーダック使用 最高級羽毛布団

タイプ2:寒さをなんとかしたい! 保温性重視

冷え性や寒がりの方、寒冷地にお住まいの方などは布団1枚では寒くて眠れず、何枚も布団や毛布を重ねている方も多いのではないでしょうか。しかし、あまり重いと寝苦しく質の良い睡眠が得られません。1枚であたたかく快適に眠ることができる羽毛布団を選びましょう。

【購入のポイント】
保温性にすぐれた高品質の羽毛を選びましょう。キルティングは保温性を考えた立体キルトか、2層式立体キルトがおすすめ。よりあたたかいのは2層式立体キルトですが、2層になっていることで通気性・透湿性が下がるため羽毛はかさ高性が高く、軽くて高品質のものを、側生地は、無地の綿生地などを選んで、通気性・透湿性を下げないようにすることが大切です。また2層式立体キルトの場合、まれに層になる部分の布に化繊の生地が使われていることがあります。化繊生地は通気性がよくないため、布団の中に使われている生地についても確認しておくとよいでしょう。

キルトのマス目の数ですが、マス目が多いキルトはフィット性は上がりますが、ひとつのマス目に入る羽毛の量が少なくなり保温性が下がります。保温性を重視する場合は避けた方がいいかもしれません。

ちなみに2層式立体キルトと2枚合わせとは異なりますので、ご注意ください。2枚合わせとは、2枚の羽毛布団を重ね、季節によって枚数を変えてあたたかさを調節して使えるよう工夫された布団のことです。

【これがおすすめ!】
羽毛は、寒冷地で飼育されたマザーグースや品質の良いマザーダックのものがおすすめです。品質の良い羽毛ほど、羽毛のひとつひとつが大きく空気をたっぷりと含んで保温性が高くなります。グースかダックか、マザーダウンかベーシックダウンかは、側生地・キルティング構造・予算などのバランスを見て決めるといいでしょう。

ハンガリー産 ホワイトマザーグースダウン 2層立体キルト

【番外編!暖かさを最重視する方は…】
羽毛ではありませんが、保温性の高さを求める方へ番外編としてご紹介いたします。
寒さに弱く、とにかく暖かさを重視したいという方に是非おすすめしたいのが、シンサレートの掛け布団です。
とにかく軽く、そして暖か。自宅で洗えていつでも清潔、といいとこどりで非常に機能性の高い布団です。

シンサレートウルトラ プレミアム200 掛け布団 シングルサイズ

タイプ3:冬でも暑い! 通気性・透湿性重視

暑がりの方や、機密性の高いマンションにお住まいで寒さをあまり感じない暮らしをされている方には通気性・透湿性を重視して羽毛布団を選ぶことをおすすめします。
人間の体は睡眠中体温が下がりますので、暑いからといって冬に布団をかけずに眠るのは考えものです。暑がりの方でも快適に使える羽毛布団を探しましょう。

【購入のポイント】
保温性を重視しないということでしたら、高品質の羽毛を使った布団である必要はないかもしれませんが、品質が下がると通気性・透湿性も下がります。ある程度の品質の羽毛で、キルト構造などで調整しましょう。立体キルトよりも平面キルト(たたきキルト)の方が縫い目の谷間が大きく、体と布団の間に、ある程度隙間ができます。あたたかい空気は逃げやすくなりますので、寒がりの方にはおすすめできませんが、暑がりの方でしたら平面キルトでも快適かもしれません。

【これがおすすめ!】
特に暑がりの方は、平面キルトの2枚合わせなどで気温によって調節するのもおすすめです。

ポーランド産 ホワイトマザーグース95% 2枚合わせ 羽毛布団

タイプ4:品質や性能にはこだわらない! 価格重視

すぐに羽毛布団が必要な場合やお客様用などの普段使いではないものは、できるだけ価格を抑えたいという方も多いのではないでしょうか。とはいえ、粗悪品を購入してしまってはかえってお金を無駄にしてしまいますので、そこはきっちり見極めましょう。

【購入のポイント】
低価格の羽毛布団ということになると、産地が中国や東南アジアであったり、フェザーの混合率が高くなったり、側生地がポリエステルになったり、と布団の質自体が落ちてしまうことは否めません。どこを最優先するかがポイントになるでしょう。

【これがおすすめ!】
前述した通り、羽毛の品質、側生地の通気性、ダウン率をすべてクリアする品質の羽毛布団を低価格帯で見つけるのはかなり難しいかと思われます。特に低価格帯の羽毛布団は、側生地にポリエステルと綿が混合された生地を使用した商品が多くなります。ポリエステルが混合されることで、軽くなるという利点もありますが、やはり通気性・透湿性の面では、綿100%の方がすぐれています。品質のいい羽毛を使っても、ポリエステルの側生地では羽毛の機能を十分に生かすことができません。綿100%の側生地だったら、ダウン率や羽毛の品質については多少妥協するなど、側生地に注目して探すのも一つの方法です。

【京都西川】高級ダウンケット 肌掛け布団 羽毛 京都西川 日本製 シングルロング

タイプ5:体型にあったものを選びたい!

どんなに高品質であっても、使う方の体に合っていなければ快適な布団とはいえません。まっすぐ足をのばして眠れないというお悩みを持つ高身長の方は、スーパーロングサイズを選ぶなど使う方の体型に合わせることが大切です。
また寝心地の好みにも左右されます。例えば普段ひとりで眠るという方も、体の大きい方は寝返りを打った際に寒い思いをしなくてすむよう、一段階大きめのセミダブルサイズを選んでゆったり眠るということも選択肢のひとつでしょう。

【購入のポイント】
ご自身の体型に合うもので、且つ好みの寝心地が得られるものを選びましょう。

【これがおすすめ!】
通常の羽毛布団の長さは210cmが一般的ですが、ご紹介しましたスーパーロングサイズは長さ230cm。普通のお布団では足がはみ出してしまうという方も快適に眠れます!

羽毛布団 掛け布団 掛布団 エアーベーシック エクセルゴールドラベル イングランドダウン90% スーパーロングシングルサイズ

まとめ

いかがでしたか? 羽毛布団は本当に奥が深いですね。きちんと知識を身につけて良い商品を購入したいものです。

失敗しない羽毛布団選びのためにも店頭に足を運んで五感で品質を確かめてみたり、いくつかのショップで見比べ、比較検討することも大切です。
また品質だけにこだわるのではなく、使う人の体型や好みの寝心地も重視することが重要といえるでしょう。

ぜひ羽毛布団を購入する際に参考にしてみてください。

 

 

売り文句で決めてない?羽毛布団を選ぶ前に押さえておきたい3つのポイント

羽毛布団を買おうと思ったとき、タグなどに表示されている項目が難しくてよくわからない…と感じた経験のある方もいらっしゃるかと思います。
実際に多数ある羽毛製品を見たとき、多くの品質表示や証明書などが付けられてはいますが、厳密にどれがいいか理解しきれず、結局割引や特典、売り文句に押されて購入してしまったというケースが多いかもしれません。

羽毛布団は見た目にはどれも同じように見えますし、内部の羽毛を直接見たりすることができないため、多少品質の悪いものでも見せ方によって上手く販売できてしまうものでもあります。
あまり信じたくはありませんが、それを利用した悪質な業者も中にはいるようです(一時はそうした悪質な訪問販売も横行していたといわれています)。

では、日々の睡眠にも大きく関わり、価格も決して安くない羽毛布団はどのように選んでいくべきなのでしょうか。
ここでは羽毛布団の本質を見極めるための視点を一つ一つ解説していこうと思います。羽毛布団選びの際に是非とも参考にしていただき、納得のできる良い製品を購入するためにお役立ていただければと思います。

はじめに:理想の羽毛布団とは?

まずはじめに、理想的な羽毛布団とはどのようなものでしょうか。
主に秋冬に使用する羽毛布団ですので暖かさが重要であることはいうまでもありません。しかしそれ以外にも、軽くて寝返りが打ちやすいという点や、匂いなど気にせず長い間使うことができる点、メンテナンスも行いやすいといった点がそれぞれしっかり抑えられているものが理想的な羽毛布団です。
また、毎日使う時に気になる点ももちろんですが、長期的に使用していくことができるかどうかも結果的なコストパフォーマンスを考えたときに重要視したい点といえるでしょう。

この点を踏まえた上で、ここからは羽毛布団を構成する「羽毛」と「側生地」、側生地の構造である「キルティング」の3つについてそれぞれ説明していきます。少し項目が多いですが、羽毛布団の品質を知るためのキーとなる情報ですので、是非とも最後までご一読ください。

ポイント1.羽毛(ダウン)

羽毛布団の良し悪しは9割方この「羽毛(ダウン)」に左右されるといっても過言ではないかもしれません。
この最も重要なダウンを見極めるには、単純な種類のみならず「信頼の置ける産地であるのか」「保温力に影響する指標であるダウンパワーはどれくらいなのか」「どれくらいの量が使用されているのか」「匂いが出ないよう、また長期的に使用できるようしっかり洗浄が加工がなされているのか」といった点を見る必要があります。

1-1. ダウンの種類

まずはダウンの種類についてです。これを見ることでダウンの良し悪しをざっくりと判断することができます。

1-1-1. ダックとグース

羽毛布団に使用される羽毛は、比較的寒い地域に生息する水鳥から採られたものです。
そして、流通している羽毛布団の多くは「ダック」もしくは「グース」の羽毛が使用されており、一般的にグーズダウンの方が高品質とされています。
後述しますが、羽毛布団に使用される羽毛は羽毛ひとつひとつの「ダウンボール」の大きさが大きいものがより保温力が増すため良いとされているため、ダックより体の大きいグースの方が高品質と評価されているのです。また、グースのダウンの方がより丈夫で長持ちしたり、羽毛布団に含まれるダウン以外の羽根(スモールフェザー)が細かく密着性が高いことも、グースダウンが優れているといわれる理由となっています。

1-1-2. マザーダックとマザーグース

同じグースや同じダックの中でも、成熟したものの方が体が大きくダウンボールも大きくなるため質が高いとされています。それが「マザーグース」や「マザーダック」と呼ばれるものです。
これらのことから、羽毛の種類による質の高さは下のようにダック<マザーダックグースマザーグースの順で段階付けられています。

実際に羽毛製品を見比べる時には、このダウンの種類が何であるのかということを後述する「ダウンパワー」と合わせて確認するのが第一といえるでしょう。
さらにこのほかにも、ダウンの色がホワイトかシルバー(グレー)かというのも日本では重要視されることがあります。羽毛そのものの色がどうであるかは、品質には本来影響しません。しかし「羽毛=白」という印象が強いため、多くの方がホワイトダウンを選ばれるようです。

ここまで一般的なダウンの種類について説明しましたが、最後に特殊なダウンである「スティッキーダウン」と「アイダーダックダウン」について説明しておきます。

1-1-3. 特殊なダウン① スティッキーダウン

スティッキーダウンは、スティッキネス(ねばり)のあるダウンで、普通の羽毛と違って羽毛が絡み合い、ねばり気があるように感じられるダウンです。
このねばりはダウンの長い毛足により現れ、これがあることによって一度温められた空気が外部に逃げづらく、高い保温力を発揮します。
より少ない量でも暖かさが出るため、一見布団の厚さが薄いのでは?と感じられることもあるかもしれません。

参考商品:伊藤清商店 羽毛布団 エアーベーシック ステッキーホワイトダックダウン90%

1-1-4. 特殊なダウン② アイダーダックダウン

スティッキーダウンと同様の性質を有していて、最高級羽毛と称されるのがこの「アイダーダックダウン」です。
アイダーダックは、アイルランドの極寒の地で、卵を温めるために自らの羽毛を利用して巣を作ります。アイダーダックダウンはこの巣からいただいた羽毛を使用した最高級品。
価格も掛け布団シングル1枚で数100万円にのぼるものもあり、価格的にも希少性も、まさに羽毛の最高峰といえるでしょう。

参考商品:アステ 京都発の快眠ショップ 最高級 アイダーダックダウン羽毛布団

1-2. ダウン産地

次にダウンの産地についておはなしします。実際、産地国によって水鳥の種類が大きく変わったりするわけではないので、どの国の羽毛かというのはそこまで重要というわけではありません(それよりも重要なのは結局個々のダウン自体のクオリティがどうかということです)。
それでも、管理がしっかりされているかどうかという点で比較的信頼されている国として、古くから羽毛布団を生産してきた東欧のハンガリーやポーランドがあります。
これらの国は長い歴史の中で確立された生産体制や品質管理体制が比較的しっかりとしていますので、アジアの新興諸国や中国で採れるダウンよりも信頼性が高く、品質も高いことが多いです。
産地と羽毛の質は必ずしも関係があるとはいい切れませんが、ひとつの目安として覚えておくと良いかもしれません。

1-3. ダウンパワーとゴールドラベル

ダウンパワー(dp)とは、JIS L-1903-2011のかさ高性試験方法で羽毛のふくらみ具合を数値化したもので、羽毛1g当たりの体積のことです。
これだけだと少し分かりづらいですが、数値としてはそのダウンが「どれだけのふかふか感があるか」を表したものと考えると理解しやすいかもしれません。

以前まで単位体積あたりどれくらいの高さがあるかという「かさ高(mm単位)」だけで表記がなされていたため、例えば180mmという表記を見て羽毛布団自体の厚さが180mm以上あると思い違いをしてしまったことのある方も多いかもしれませんが、ダウンパワーと布団そのものの厚さはイコールではありませんので覚えておくと良いでしょう。

この数値が大きいダウンを使用すると、軽いのに体積があり、ふかふかで暖かな質の高い羽毛布団をつくることが可能です。
上述した通り、ダウンボールが大きい成熟したマザーグースなどでは一般的にこのダウンパワーの数値が大きくなります。ダウンパワーでは、この水鳥の種類以上に羽毛そのものの質を測ることができる基準といって良いでしょう(ダックより良いとされるグースでも、未成熟なグースと成熟したダックでは成熟したダックの方が質が高いといったこともあり得ます。その場合でも、このダウンパワーを見ればどちらの方がより優れたダウンなのかを見分けることができます)。

ただし、ダウンパワーはあくまで羽毛のふかふか感を表したものに過ぎないので、羽毛布団にする際にどれだけの量を入れるのかによって暖かさは異なるものです。
あくまで「ダウンパワーの高いダウンがどれくらい入っているのか」が最終的な羽毛自体の全体ボリュームとなります。
また、スティッキーダウンやアイダーダックダウンなど、ダウンパワーの数値としては現れませんが、ねばりがあることでより保温力のある羽毛布団が存在することも覚えておきたいポイントでしょう。

ゴールドラベルについて

羽毛布団製品を購入する際によく目にする「ゴールドラベル」は、日本羽毛製品協同組合が発行している証明書で「これくらいのダウンパワーがありますよ」という保証をしてくれるものです。
ゴールドラベルは4つの階級に分かれており、ダウンパワーの低い順にニューゴールドラベル、エクセルゴールドラベル、ロイヤルゴールドラベル、プレミアムゴールドラベルとなっています。

ゴールドラベル

ラベルが上がると当然価格も上がりますが、それだけ軽くふわふわな羽毛布団ということです。国内のほとんどの羽毛製品取扱業者はこのラベルを使用しており羽毛布団のダウンパワーを示す基準になるものですので、羽毛布団を選ぶ際は是非このラベルも確認してみてください。

1-4. 総充填量

羽毛布団に含まれる充填物(羽毛と羽根及びその他の塵など)の重量です。これに側生地の重量を合わせたものが最終的な羽毛布団の重さになります。
同じ羽毛でも充填量が少ないと保温力の低い布団となってしまいますが、多ければ暑すぎて寝づらかったり、重さで寝返りが打ちづらくなるなどマイナスになることもあるので、適正な重量の布団を選ぶことが重要です。またダウンボールの大きな質の高い羽毛であれば、充填量が比較的少なくても十分なボリュームがあり暖かく、軽くて寝返りも快適に打つことができる羽毛布団を作ることができます。

1-5. ダウン率

羽毛布団には羽毛(ダウン)に加え、羽根(スモールフェザー)やごく少量の塵が入っています。ダウン率はこの全てを合わせた中でダウンがどれだけ使用されているかを表したもので、高ければ高いほど軽くてふわふわで、暖かくへたりづらい羽毛布団となります(※ あくまで同重量、同サイズのものと比較した場合です)。
一般的に、このダウン率が50%以上のものを羽毛布団、50%以下のものを羽根布団と言い、もちろん羽毛布団を選んだ方が良いということになります。
ダウンパワーの項目で記述しましたが、羽毛布団は
・どれだけのダウンパワーのある羽毛が
・どれくらいの量入っているか
が決め手となります。ダウンパワー・総充填量・ダウン率をしっかり確認し、本当に軽くて暖かい羽毛布団なのかを見極める必要があるでしょう。

1-6. 洗浄の質

質の低い羽毛布団が、保温力がないこと以外によく挙げられるのが「匂いがひどい」「すぐにへたってしまう」という点です。
羽毛布団の匂いは、羽毛を製品化する工程で行われる洗浄がしっかりとなされていないことで、羽毛や羽根に付着しているタンパク質が残ってしまい、それらが酸化し微生物が分解するなどして発生してしまいます。
また洗浄がしっかりされていると、質の低いダウンが除去されることによってへたりづらく、より長持ちのする布団ができ、長い目で見てもプラスとなる可能性があります。
そのためダウンがしっかり洗浄されているかどうかは、どのようなダウンを使用するかと同じくらい非常に重要なポイントといえるでしょう。
国内の羽毛製品業界では、河田フェザー株式会社の洗浄技術が圧倒的に優れており日本一ということでよく知られています。是非こちらもチェックしてみてください。

1-7. 加工の種類

洗浄の段階や、洗浄後の羽毛に対して加工が施されているものも多くあります。
有名なのが「パワーアップ加工」です。これは羽毛を高温の釜で熱することによって洗浄や輸送の段階で潰れたりしてしまっていたダウンを本来以上のふかふかの状態に仕上げるという加工方法です。
この他にもタンパク質の酸化を防ぎ、匂いを防止するための「オゾン加工」などがあります。
このような加工がしっかり施されていれば、元は同じ羽毛でも匂いを気にすることなく長期間快適に使用することができますので、併せてチェックしてみてください。

ポイント2.側生地

羽毛を包み込む生地が「側生地」です。
側生地は羽毛布団の重さや、手触り、寝心地(カバーをかけて使用する方が多いと思いますので、実際にはカバーとのずれが生じないかなど)に大きく影響します。
重量に関係するということは、寝がえりの打ちやすさや身体への負担にも影響があるという点で重要となってきます。
この側生地は、羽毛が出てこないことはもちろんですが、軽量で肌触りの良い(滑りづらい)生地であることは特に重視して選びたいポイントです。
生地の素材には大きく分けて「綿」と「綿と合成繊維のハイブリッド」があり、それぞれにも多くの種類が存在します。側生地はこの素材を選択することが最重要であるといっても良いでしょう。以下でそれらの種類と特徴を説明します。

2-1. 綿素材

綿素材には品質に基づいた階級があり、主に綿糸の「細さ」と「長さ」が重要です。
より細い綿は軽量でなめらかな肌触りとなり、より長い綿は接続箇所が少ないことで軽量、また塵も出づらい生地ができあがります。
側生地の質を表す基準として、1インチ(約2.5cm)の間に何本の綿糸が織られているかという「打ち込み本数」があります。
この打ち込み本数が大きいほどより細い綿糸を使用しており、より軽くなめらかな肌触りのものができあがります。
ただしあまりに打ち込み本数が多いものは、空気や水を通さず吸湿性などに問題が出るようです。羽毛布団に使用される綿素材は打ち込み本数が200本程度のものまでが多くなっています。

以下で代表的な綿生地を挙げていきます。

2-1-1. 60サテン(60本ブロード)

打ち込み本数が60本の綿生地です。比較的安価な製品に多く使用されており、羽毛布団には若干重い素材といえるかもしれません。綿らしい素材感が好みという方も。

2-1-2. 80サテン(80本ブロード)

打ち込み本数が80本の綿生地です。60サテンより軽量で、ロイヤルゴールドラベル以上の羽毛布団に多く使用されています。

2-1-2. 超長綿120サテン(120本ブロード)

「超長綿」というのは読んで字のごとく「超」「長い」「綿」を使用しているということです。
より長い綿を使用していることで、軽く、塵の少ない生地になります。比較的高級な製品に使用されることが多いようです。

2-2. 綿+合成繊維

技術の発達により、ポリエステルなど安価で快適な合成繊維が多く存在します。
合成繊維は綿に比べて軽くシワになりにくいものが多く、その点では羽毛布団に適している場合が多いことも。一方ですべりやすいという特徴も持っているため、カバーがずれたりといったマイナスとなる点も否めません。
一般的な羽毛布団の生地としては、単純な綿と合成繊維を組み合わせたものと、綿と合成繊維のいいとこ取りをした「ハイブリッド新合繊」というものがありますので、次に詳しくご紹介いたします。

2-2-1. 一般的な綿+合成繊維

綿と人工素材である合成繊維を組み合わせて作られた生地で、軽くて比較的安価です。多くの生地は綿が30%~50%程度使用されています。
綿60サテンなど重い生地を使用するよりもかえって羽毛布団に合っているともいえますので、価格的にも魅力を感じる方は選択肢として良いかと思います。
カバーが多少ずれやすかったりするなどの点だけは抑えておいてください。

2-2-2. ハイブリッド新合繊

上記の一般的な綿と合成繊維のいいとこ取りをした生地です。
この生地は、特殊な織り方をすることによって外側に露出している部分を綿で、内側の部分は合成繊維となるようにできています。
これによって肌触りや質感よく、またカバーがずれるなどもない上に軽量な生地を実現しています。
比較的価格が高くなってしまうのが難点ではあります。

2-3. 側生地の加工

羽毛の項目では羽毛に対する加工について説明しましたが、側生地に対しても加工が施されているものが多くあります。
その代表的なものが「ダウンプルーフ加工」といい、生地からダウンが出てきてしまうのを抑えるための加工です。
また抗菌や防臭の加工を施されたものも多く出ていますので、目的や用途によってそれらの視点から羽毛布団を選択するのもひとつの手かと思います。

3.キルティング

羽毛と側生地をどのように組み合わせるのかが「キルティング」といわれるものです。これにより、実際に寝た時の暖かさが大きく変わってきます。
一般的なキルティングの構造をいくつかご紹介しましょう。

3-1. タタキキルト

二枚の布を単純に縫い合わせた形になっています。
耐久性に優れていること等が特徴ですが、縫い合わせた部分には羽毛が入らないため、その部分から熱が逃げていくという難点があります。

3-2. 立体キルト

タタキキルトの縫い合わせ部分にマチを作り、立体的に掛け布団のカサを出し熱を逃がしづらくした構造のキルティングです。羽毛布団で最も使われているキルティングです。

3-3. 二層キルト(ツインキルト)

羽毛布団を上下2層に分け、マチの部分がずれるように作られたキルティングです。
この構造によって立体キルトに比べ、より保温性が高くなり体にフィットしやすくなります。

3-4. 二枚合わせ(ダブルキルト)

厳密にはキルティングとはいえないかもしれませんが、ご参考までにご紹介いたします。
二枚合わせは、厚さの異なる立体キルトを2枚、取り外し可能なように組み合わせたものです。
この構造によって、季節や気温に応じて羽毛布団を使用することができるのが大きな特徴です。
また組み合わせた時のマチの部分が上下でずれるように作られているため、二層キルトと同等もしくはそれ以上の保温力があります。

マス目の大きさについて

製品によってキルティングのマス目の大きさ、数が異なっています。
大きずぎると中の羽毛が偏ってしまうので熱が逃げやすい部分ができ、細かすぎると側生地の重量が増してしまうため、適切な大きさが求められます。
市販されてる製品はその点を十分考慮されているものが多いと思いますので、そこまで気にする必要はないかもしれません。
それ以上に、断面がどのような構造になっているかをしっかり認識することが重要です。

まとめ

今回は羽毛布団を選ぶ際の視点を「ダウン」「側生地」「キルティング」の3つの面から解説しました。
考えなくてはいけない点が多く、ちょっと面倒だな…と感じた方もいらっしゃるかもしれません。
ただ、そこが羽毛布団の難しさであり、派手な宣伝文句などにより間違った選択をしてしまう原因でもあるのかもしれません。

結論としては

・どのくらいのダウンパワーのダウンが
・どのくらい入っているのか
・洗浄や加工はしっかり行われているのか

そして

・どのような素材が、どのような構造の側生地に入っているのか

を最低限抑えておくことで、羽毛布団を選ぶ際の指標となります。

宣伝文句や派手な写真、営業トークだけに騙されることなく、長い間快適に使用できる羽毛布団を見つけましょう!

羽毛布団の正しい使い方は?おさえておきたい羽毛布団の基礎知識

 

羽毛布団、ただなんとなく使っていませんか?羽毛布団は正しく使うことで、寿命が延びたり、羽毛の優れた保温性をさらに高めたりすることができます。今回は羽毛布団の正しい使い方の基礎についてまとめました。

羽毛布団の正しい使い方

布団 眠る 

羽毛布団の正しい使い方を確認していきましょう。実践していないことがあれば、ぜひ今夜から始めてみてください。

必ず布団カバーを掛ける

側生地の汚れや摩擦を防ぐために必ず布団カバーを掛けましょう。汚れ防止だけでなく、カバーをつけることで寝心地が変わったり保温性が高まるというメリットもあります。カバーを選ぶときには季節ごとに変えることがポイント。寒い冬はフランネルやフリースなどあたたかく肌触りの良い素材を、春や秋など気温の変化が大きい季節は汗や湿気にも対応できる吸湿性、通気性に優れたコットンがオススメです。
またカバーについた汚れが布団に付着しないよう、こまめに洗濯すると良いでしょう。

羽毛の片寄りを整える

羽毛布団を使う前は、軽くほぐすように空気を含ませながら羽毛の片寄りを整えましょう。羽毛が均一になることで保温力のムラを解消できます。また潰れた羽毛に空気が入り込むので、よりあたたかく快適に眠ることができます。

同じ場所ばかり使わない

同じ場所ばかり使っていると傷みが早くなってしまいます。上下、表裏とまんべんなく使うようにしましょう。

起床後すぐに収納しない

布団を押入れなどに毎日収納している場合、起床後すぐにしまうと羽毛にあたたかさや湿気がこもったままになってしまいます。カビの原因にもなりますので、起きてからしばらくはそのままにしておいて、熱や湿気を十分に発散させてから収納しましょう。

穴を開けない

たとえ小さな針の穴ほどの大きさであっても、羽毛布団に穴を開けてしまうと羽毛の吹き出しの原因になります。襟元の汚れ防止にタオルを縫い付けたり、安全ピンで留めたりするのはやめましょう。また、ペットの引っかき穴にも注意が必要。羽毛の鳥の匂いに反応してかじることもありますので、なるべくペットを布団に近づけさせないように気をつけてくださいね。

毛布と羽毛布団、どっちを上に掛けるといいの?

自分にあったマットレス

羽毛布団に毛布を使う場合の毛布の位置についても、意見が分かれる話題です。
羽毛布団は、羽毛に含まれた空気が体温によって温められることであたたかくなります。つまり、羽毛布団が直接肌に触れることがあたたかい状態を作るために重要になるのです。羽毛布団と体の間に毛布があると体温が羽毛に伝わりにくくなり、保温効果を最大限に引き出すことができません。
また羽毛の優れた特徴である、温度や湿度の調節機能も十分に発揮することができなくなってしまいます。慣れるまで少し抵抗があるかもしれませんが、あたたまった空気を逃さない効果もありますので毛布を掛ける場合は羽毛布団の上に掛けるのがおすすめです。
ただし、重い毛布は上に掛けると羽毛が潰れてしまいますので、羽毛布団の下に掛けた方がいいでしょう。
またウールやカシミヤ、シルクなどの天然素材のものは保温性、吸湿・放湿性に優れているため羽毛布団と体の間に掛けても羽毛の機能を損なうことはありません。保温性の高い天然素材の毛布を使う場合は、肌に触れるように掛けた方がより保温効果が高まります。

まとめ

羽毛布団の正しい使い方について知っていただけたでしょうか?正しく使い、できるだけ長く快適に羽毛布団を使いたいものですね。今回の内容をまとめておきましょう。

・羽毛布団を使うときにはカバーを掛けて汚れや劣化を防ぐ

・羽毛の片寄りを整えるように使う

・同じ場所ばかり使わず、上下、表裏まんべんなく使うと長持ちする

・起床後しばらくおいて熱や湿気を逃がしてから収納する

・小さな穴でも羽毛の吹き出しの原因となるので、穴を開けないように気をつける

・毛布は羽毛布団の上に掛けると良い。ただし重い布団と天然素材の毛布は羽毛布団の下に掛ける