増税前!羽毛布団を買うならどこが良い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

羽毛布団 ショップ 店舗 店

いよいよ来月より消費税率が変わります。2019年10月にはこれまでの消費税8%から10%に増税される予定です。
冬に向け、今のうちに羽毛布団を購入しておこう!とお考えの方も多いのではないでしょうか。

みなさんは羽毛布団を購入するときにどこで購入するでしょうか。
かつては寝具専門店やデパートで購入することが一般的でしたが、最近ではインテリアショップやネットショップで購入するという方のほうが多いかもしれません。
今やさまざまな場所で販売されている羽毛布団ですが、今回は羽毛布団の購入場所についてそれぞれの特徴やメリットを解説します。

羽毛布団が買えるお店と特徴

羽毛布団 ショップ 店

羽毛布団を買う時は寝具専門店やデパートなどの対面販売に決めているという方もいれば、布団のようなかさばる商品はネットショップなどの通信販売が非常に便利とお考えの方もいらっしゃいます。
羽毛布団の主な販売場所について、それぞれの特徴を解説しましょう。

◉対面販売

対面販売 接客 買い物

対面販売の良い点は、寝具に関する知識が豊富な販売員の方に相談しながら購入できること。
また、実際に羽毛布団に触れて弾力をみたり、手触りを確認したり、イヤな臭いがしないかなどを確認できるところもメリットです。
ただし購入者側にきちんとした知識がない場合、勧められた商品を言われるままに購入することになってしまいがち。
対面販売で購入する場合は、寝具にまつわる知識を身に付けておくことと、本当に良い商品を勧めてくれる店舗なのかを見極めることが重要なポイントといえるでしょう。

寝具専門店

寝具専門店には寝具に関するスペシャリストが揃っているので最適な商品を見つけてもらうことができます。なかにはオーダーメイドや購入後のメンテナンスサービスをおこなっている店舗も。
自分に合った質の高い羽毛布団を長く使いたい方は、そのようなサービスをおこなっている寝具専門店で購入されることをおすすめします。

日本橋西川(東京)

オーダー寝具専門店 IWATA(京都本店、他)

金澤屋(群馬)

百貨店・デパートの寝具売り場

百貨店 デパート

百貨店・デパートの寝具売り場での購入のメリットは、厳選した商品を扱っているため品質が信頼できる点。
接客やサービスのきめ細やかさも魅力で、羽毛布団だけでなく敷き布団・マットレス・枕など、寝具についてトータルでアドバイスしてもらえる店舗もあります。
第三者的な立場からアドバイスをもらいながら購入したいとお考えの方におすすめです。

伊勢丹新宿店 寝具コンサルティング

インテリアショップ

インテリアショップ

最近では多くのインテリアショップが羽毛布団も扱っています。チェーン展開しているメーカーの場合、店舗数が多いため気軽に店舗に立ち寄って商品に触れて確認してから購入することが可能。
価格帯がある程度決まっており、羽毛布団の種類はそれほど多くはありませんが新生活などで家具・ベッド・インテリア小物などトータルでコーディネートして欲しい方や、一つのお店でインテリア関連のアイテムを全て揃えたいとお考えの方は、インテリアショップでの購入が便利かもしれません。

IDC 大塚家具(全国)

KEYUKA(全国)

◉通信販売・ネットショップ

店頭で接客を受けると、なんとなくその場で購入を決定しなくてはいけない雰囲気になってしまう……と感じる方も少なくないかもしれません。
カタログ販売やネットショップは自分のペースで羽毛布団を探しやすく、自宅でじっくりと比較検討しやすいというメリットがあります。
価格は手頃なものから高級品まであり、悩む楽しみもあるかもしれません。
ただし、実際に触れて確認することができませんので購入前に、返品・返金制度やお試し期間などがあるかどうかを事前に確認しておくことをおすすめします。

カタログ通信販売

カタログ通信販売は商品がカテゴリーごとに整理してカタログに掲載されているので、欲しいものが見つかりやすいというメリットがあります。
写真や情報も豊富なので、比較検討しやすいのも魅力でしょう。
カタログでの購入はパソコンを使うことが苦手という方や、ネットショップでの購入に抵抗があるという方に長く支持されているようです。
価格は比較的手頃なものが多く、防ダニ布団やウォッシャブル布団など、消費者の要望を取り入れた機能的な布団を多く扱っているという印象があります。
カタログとあわせてネットショップを開設しているメーカーもあり、来客用の布団などすぐに使うものを購入したいときなどにも便利です。

ベルメゾン

カタログ通販セシール

ネットショップ

ネットショップ スマホ

カタログ通販よりもさらに情報量が多いのが、ネットショップです。
実際に商品に触れることができないというデメリットをカバーするために、商品の良さを写真や文章など商品ページで伝えるという工夫がされています。羽毛の産地やダウン率、側生地の素材、羽毛の充填量などの情報がしっかりと掲載されているショップが良いでしょう。

ただし情報が多い分、写真の美しさやうたい文句に惑わされやすいので購入者側も羽毛布団に関する知識を持っておくことが望ましいといえます。
ショッピングモール型のネットショップは在庫も豊富で、商品の比較検討を楽しみながら購入したいという方にピッタリ。
またご購入者の商品レビューも非常に参考になりますので、是非チェックしてみることをおすすめします。

西川ストア ONLINE

伊藤清商店(amazon)

石田屋

布団と寝具専門店 COLORS(楽天市場)

まとめ

謎 疑問 質問 はてな

今回は羽毛布団を買うならどこが良いかについてまとめました。
おすすめの購入場所は目的の商品や予算などにもよりますが、より品質の高い羽毛布団を使いたいという方には寝具専門店・寝具専門店・インテリアショップで、
できる限り価格をおさえて購入したいという方はネットショップやカタログ通販などで購入することが良いでしょう。

今回の内容をまとめておきます。

・羽毛布団が買える場所は「寝具専門店」「デパート」「カタログ通販」「ネットショップ」一部「インテリアショップ」など

・対面販売は販売員の方の豊富な知識と実際に商品に触れられるというメリットがある

・ネットショップは商品の見つけやすさ、比較検討のしやすさ、選択肢の多さが魅力

・情報やうたい文句に惑わされないためには、購入者側も羽毛布団の知識を身につけることが大切

増税前、良い羽毛布団をできるだけリーズナブルに購入できるよう、早めにチェックしておきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でFutonConciergeをフォローしよう!

シンサレート布団 快眠7点セット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る