本当に寝心地はいいの?おすすめの高反発マットレスと気になる口コミまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

伸びをする女性

有名アスリートやオリンピック選手が愛用しているということで人気が高まっている高反発マットレス。適度な硬さで理想的な寝姿勢をサポートしてくれるので、腰痛が改善したり、翌日スッキリと目覚められるといわれていますが、実際に使ってみた方の感想も気になるところです。今回は、おすすめの高反発マットレスと口コミをまとめました。購入の前に参考にしてみてください。

高反発マットレスとは?

説明する女性

「高反発マットレス」とは、その名の通り、反発力が強いマットレスのことです。特別な定義はなく、反発力の低い「低反発マットレス」と反対の性質があることから「高反発マットレス」と呼ばれています。低反発マットレスとは、もともとはNASAで考案された衝撃吸収材で、重みや温度に反応してゆっくりと体が沈み、ゆっくりと元に戻るという特徴のあるマットレスです。一方、高反発マットレスは適度に硬めで、ある程度のところで沈み込みがおさまり、元に戻ります。体がマットレスに沈み込みすぎないので適度に体圧を分散させて理想的な寝姿勢を保つことができ、腰や背中に負担がかかりにくくなります。また、体が沈み過ぎないので寝返りがしやすいのも特徴です。

高反発マットレスには2種類ある!

比較する女性

一般的に高反発マットレスといわれているものには2種類あるということをご存知でしょうか。ウレタン素材を使った「ウレタンフォーム系」と、樹脂を繊維状に固めた「網目繊維構造(エアー)系」です。まずはこの2種類の違いをおさえておきましょう。

①ウレタンフォーム系

低反発ウレタン

ウレタンフォーム系マットレスは、低反発マットレスと同じウレタン素材ですが、高反発マットレスは密度の高いウレタンを使用しています。密度が高い分、耐久性にはすぐれていますが、空気の層が少なくなるため、通気性が悪いというデメリットがあります。へたりにくいので体重が重めの方におすすめです。

【メリット】へたりにくい。耐久性が高い。

【デメリット】通気性が悪い。

【こんな方におすすめ】

・体重が重めの方

・しっかりとした寝心地が好みの方

・ベッドを使っている方

②網目繊維構造(エアー)系

高反発網目繊維構造素材

網目繊維構造(エアー)系マットレスは、糸状の樹脂を固めた素材で作られています。釣り糸を丸めたものをイメージしていただければ分かりやすいかと思います。空気の層が多いため耐久性はウレタンフォームに劣りますが通気性が良く、夏は涼しく快適です。樹脂でできているので丸洗いも可能。体重が軽めの方におすすめです。また、布団やマットレスの上に敷いて使うタイプのものが多いのも特徴です。布団を使っている方でも一枚敷くことで寝心地を変えることができます。

【メリット】通気性が良い。丸洗いできる。

【デメリット】耐久性に劣る。

【こんな方におすすめ】

・体重が軽めの方

・布団の湿気が気になる方

・アレルギーの症状が酷い方

・布団を使っている方

ウレタンフォーム系マットレスのおすすめと口コミ

AdobeStock_100358480

マニフレックス

マニフレックスは、50年以上の歴史があるイタリアの寝具メーカー。有名アスリートに愛用者が多いことで近年人気が高まっています。独自開発した高反発フォーム「エリオセル」を使用し、硬すぎずやわらかすぎない弾力性と復元性で、体圧を分散します。理想的な寝姿勢を保つことができ、腰痛が改善した、熟睡感が得られるといった効果を実感できることで人気です。高反発ウレタンフォームなのでへたりにくく、耐久性が高いのも特徴。マットレスの種類により異なりますが、3年から15年の長期保証が付いており、保証期間中にへたり具合が20%を超えていると認められた場合は新しい商品と交換してもらうことができます。マニフレックスはイタリアの気候に合わせて作られているため、通気性は高くなく、夏には暑いといったデメリットもあるともいわれていますが、オープンセル分子構造のウレタン素材を使い吸湿性・発散性を高める工夫がされています。また、低反発ウレタンフォームのような温度による硬度の変化はありません。購入を検討されている場合は、ショールームへ足を運んで実際に試してみることをおすすめします。

【こんな方におすすめ】

・体重が重めの方

・やわらかいマットレスが苦手

・耐久性を重視したい

【高評価の口コミ】

・起床時の腰の痛みがなくなった

・スッキリと目覚められるようになった

・熟睡できるようになった

・腰が沈まず寝心地がよい

・意外と通気性が良い(夏でも暑くない)

【低評価の口コミ】

・匂いが気になる

・カビが発生した

・重い

・腰痛になってしまった

・狭い面積に圧がかかると沈み込みすぎて不自然な姿勢になる

・硬すぎて疲れてしまった

セルプール

photo003

セルプールは、ヨーロッパ2大メーカーが共同開発した湿度をコントロールできる新しいウレタン素材を使ったマットレスです。ユーカリの木から作り出されたテンセルパウダーをウレタンフォームに結合させた素材は、ウレタン内部の水分を吸収、発散し、適度な湿度を保つ機能をもっています。通気性にすぐれ、ウレタン素材なのにさわやかな寝心地です。ウレタンの表面にはホライ・ゾーンという波型水平線のカットが施されており、横たわったときに、まず波面がやさしく体を包み込み、次に芯の部分がしっかりと体圧を分散します。3つ折りにできるのもポイント。ウレタンフォームなのに丸洗いができるという点も見逃せません。

【こんな方におすすめ】

・やわらかめの寝心地が好み

・メンテナンスがしやすいマットレスを探している

・丸洗いできるマットレスが欲しい

【高評価の口コミ】

・腰の痛みが軽減した

・夜中に目が覚めなくなった

・寝返りがしやすい

・体を包み込む快適な寝心地

【低評価の口コミ】

・へたりやすい

・やや重い

雲のやすらぎ

雲のやすらぎは、寝心地重視の方に特におすすめの高反発マットレスです。ウレタンで中芯を挟んだものを羊毛などで包んだ5層構造になっています。厚さが17cmありますので、1枚で使用しても床付き感がありません。包まれるようなやわらかな寝心地ですが、高反発ウレタンを使用していますので、同時にしっかりと体を支えて体圧を分散してくれます。やわらかめのマットレスはへたりやすさが気になるところですが、常に敷きっぱなしにせずに週に一度立てかけて湿気を飛ばすなどのメンテナンスをすることである程度品質を維持できます。

【こんな方におすすめ】

・やわらかめの高反発マットレスを探している

・体重が60kg以内(やわらかめのため体重が重めの方には向きません)

・畳に敷いて使いたい

【高評価の口コミ】

・寝つきが良くなった

・腰痛が良くなった

・肩こりが和らいだ

・ふわふわで寝心地が良い

・朝起きた時に疲れが取れている

【低評価の口コミ】

・やわらかすぎて体が沈む

・腰に負担がかかる

・朝目覚めると腰が痛い

・布団が重くてしまうのが大変

・すぐにへたってしまった

網目繊維構造(エアー)系マットレスのおすすめと口コミ

a women doing online shopping

エアウィーヴ

エアウィーヴは有名アスリートのCMで話題となり、近年大人気の高反発マットレス。網目繊維構造(エアー)系マットレスの代表的ブランドです。糸状の樹脂を丸めて固めた復元性の高い素材で作られており、強い反発力で寝返りをサポートしてくれます。また、空気の層が多い素材なので、通気性が抜群です。夏は涼しく、冬は空気の層が断熱になりあたたかく眠れるそうです。また、樹脂素材なので丸洗いも可能。メンテナンス性にもすぐれています。ただ、ウレタンフォーム素材のマットレスに比べると耐久性は劣りますので、体重が軽めの方におすすめします。

【こんな方におすすめ】

・体重が軽めの方

・腰痛がある方

・眠っても疲れが取れない方

【高評価の口コミ】

・腰痛・肩こりが改善した

・硬すぎずやわらかすぎず心地よい

・不眠症が改善した

・ぐっすり眠れる

・高級ホテルのベッドのような寝心地

・寝返りがスムーズに打てる

【低評価の口コミ】

・へたりやすい

・冬は寒い

・硬すぎる

・価格が高すぎる

FOUR SEASONS EXⅡ

FOUR SEASONS EXⅡは、東洋紡が開発した新素材「ブレスエアー」を使用したマットレス。「ブレスエアー」は、通気性、高反発性、耐久性、清潔性にすぐれたクッション素材で、新幹線や地下鉄のシート、チャイルドシートの座席、靴の中底などにも使われています。

先ほど解説したエアウィーヴは1層構造ですが、FOUR SEASONS EXⅡは、6枚のブレスエアーを使って2層構造に仕上げています。中材は取り出し可能なので、丸洗いや入れ替えが可能。へたりやすい腰の部分を入れ替えてローテーションで使うことができ、傷んだら1枚ずつ購入もできます。

【こんな方におすすめ】

・弾力のあるしっかりとした寝心地が好み

・手頃なエアー系高反発マットレスを探している

・メンテナンスがしやすいマットレスを探している

【高評価の口コミ】

・腰痛が改善した

・熟睡できる

・寝返りが打ちやすい

・軽いので移動がラク

【低評価の口コミ】

・ウレタン素材の高反発マットレスと比べると硬め

・夏は涼しいが冬は寒い

・パリパリとした音が気になる

・使い始め数日は体が凝ってしまった

・体重が重いと底付感がある(80kg程度)

トゥルースリーパーセロ

トゥルースリーパーセロは低反発マットレスで有名なメーカー、トゥルースリーパーの高反発マットレスです。網状の素材と硬わた素材を2層に重ねた独自の両面仕様で、夏は通気性の良い網状素材面を上に、冬は保温性のある硬わた素材面を上にするなど、季節によって表裏を使い分けることができます。2層の中材は6つのブロックに分かれており、へたりやすい部分を入れ替えて使うことができるので長く使うことができます。適度に反発力のあるほどよい硬さなので体が沈み込みすぎず、寝返りが打ちやすいのが特徴。快眠をサポートしてくれます。日本国内で徹底した品質管理のもと製造されているので、安心して使用できるのも嬉しいポイント。樹脂製なので丸洗いも可能です。

【こんな方におすすめ】

・冬でもあたたかいエアー系マットレスを探している

・メンテナンスがしやすいマットレスを探している

・日本製のマットレスが欲しい

【高評価の口コミ】

・腰痛が楽になった

・起床時の体の痛みがなくなった

・暑い季節でも快適

・冬に電気毛布を使わなくて済むようになった

・熟睡しすぎて遅刻しそうになった

【低評価の口コミ】

・購入して数日は疲労感があった

 

口コミを見るとウレタンフォーム系、網目構造(エアー)系どちらも、腰痛が改善している方や、よく眠れるようになったという方が多いようです。しかし一方で満足されていない方も一定数いらっしゃいました。中には購入したけれど体に合わず、慣れれば快適になるはず、と数日使っていたら疲れがたまって体調不良になってしまった、という方も。マットレスはそれなりの値段がする物ですので、もったいないという気持ちも分かりますが、だからといって合わないマットレスを使い続けるのは健康への影響が心配です。多くの方がいいと言っている商品だからといって誰にとっても快適というわけではありません。自分に合う、合わないを見極めてから購入したいですね。

しっかり試してから購入したい方へ

起床

マットレスの購入に失敗しないためには実際にショールームなどに足を運んで試してみることが一番ですが、難しい場合は、お試し期間や返品保証のあるお店で購入しましょう。特に初めて高反発マットレスを購入する方は、できるだけ硬さ具合や寝心地を試してから購入できる店舗を探しましょう。

下記にお試し期間、返品保証のサービスが充実しているマットレスをご紹介します。

マニフレックス

マニフレックスは全国各地にショールームがあるのでお近くのショールームで試すことができます。店舗によっては一週間程度自宅で試せるサービスをおこなっていますので、利用してから購入するといいでしょう。また、マニフレックスはマットレスの種類によってさまざまですが3年から12年の長期保証が付いています。へたり具合によっては新品と交換してくれますので、思っていたよりもすぐにへたってしまったときなどに安心です。

FOUR SEASONS EXⅡ

専門ショップ「爽快リビング」で商品代金プラス3000円(税抜き)で返品保証つきプランにすることができます。商品出荷日より30日間、自宅で試すことができ、期間内であれば返品が可能(ただし、その場合の送料は購入者が負担)。購入する場合は保証料分3000円の割引クーポンで還元してもらえます。

■FOUR SEASONS EXⅡ 返品保証付きプラン

トゥルースリーパーセロ

ショップジャパンの公式サイトからトゥルースリーパーセロを購入すると、60日間の返品保証がついています。期間内であれば返品、交換が可能です(送料は購入者負担)。また、通常使用での素材の劣化により2cm以上の明瞭な凹みができてしまった場合、1年以内であれば無償交換してくれる保証もついています。

■ショップジャパン お買い物ガイド 商品の返品

お買い得なのはどれ?価格でくらべてみる!

貯金箱とパソコン

最後に、気になる価格で比較してみましょう。ご紹介した各メーカーの代表商品のシングルサイズの価格を比較しました。(価格はすべて税込み)

マニフレックス

エア・メッシュ ハットトリック シングル ¥47,520

セルプール

ハイブリッド・マットレス エンバシー・モデルS ¥54,000

雲のやすらぎ

雲のやすらぎ シングルサイズ ¥39,800

※通常は59,800円

エアウィーブ

マットレスパッド エアウィーヴ ¥75,600

FOUR SEASONS EXⅡ

FOUR SEASONS EXⅡ シングル ¥30,780

※返品保証付きプランは34,020円。購入する場合は3,000円のクーポンで還元。

トゥルースリーパー

トゥルースリーパーセロ シングルサイズ ¥24,624

※60日間の返品保証、1年間の交換保証付き

 

価格が高いものはそれなりの品質が期待できますが、誰にとっても快適というわけではないことを考えると、返品保証や交換保証がついているFOUR SEASONS EXⅡやトゥルースリーパーセロはかなりお買い得かもしれません。初めてエアー系の高反発マットレスを購入される方は、この2メーカーで検討されてはいかがでしょうか。

まとめ

高反発マットレスで腰痛が改善した、スッキリ目覚められるようになった、という方はやはり多いようです。ただ一方で合わないという方もいらっしゃることも知っておく必要がありますね。ご自身に合った高反発マットレスを見つけるためにぜひ参考にしてみてください。

・高反発マットレスには「ウレタンフオーム系」「網目繊維構造(エアー)系」がある

・「ウレタンフォーム系」マットレスは耐久性が高いが通気性に欠ける

・「網目繊維構造(エアー)系」マットレスは通気性は抜群だが耐久性に劣る

・できるだけ試してから購入する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。