もう失敗したくない!自分に合った理想の枕の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Dollarphotoclub_82358083

使ってみなければ自分に合っているのか分からず、失敗しがちな枕。これまで何度も失敗して、いくつも枕を購入している「枕ジプシー」方も多いのではないでようか。今回は、自分に合った理想の枕の選び方を徹底解説します!

そもそもどうして枕が必要なの?

Dollarphotoclub_67642122

枕は何のために必要なのでしょうか?

リラックスして立っているときの状態をそのまま横にして寝たときの姿勢が、体に負担がなく理想的と言われています。 その起きているときと同じ姿勢をキープするためには、首と布団との間にできる隙間を埋めて首を補助をする必要があります。

つまり、枕は、頭と胴体をつなぐ首(頸部)に負担のない姿勢を寝ている間にもキープするために必要なものなのです。

合わない枕で寝ることによる影響

Dollarphotoclub_90725495

枕が合わないと体調にも影響がでてしまうことがあります。主な不調をまとめてみました。気になる項目がある方は、枕が合っていない可能性があります。

・肩こり

高すぎる枕や低すぎる枕を使っていると、首が不自然な形に曲がってしまい、肩こりや首筋の痛みの原因となります。

・頭痛

合わない枕は頸部を圧迫し、交感神経を過度に緊張させてしまいます。それにより脳の血流が悪くなって頭痛が起こることがあります。

・腰痛

合わない枕を使っていると頸部に負担がかかり、首からつながる背骨、腰にも負担がかかってしまうことがあります。

・いびき

高すぎる枕を使っていると、あごが引けて気道が圧迫されます。空気の通り道がふさがった状態となり、いびきの原因となります。

・首のしわ

高すぎる枕を使っている場合、睡眠中にあごが引けた状態になりますので、首のしわが増えてしまいます。それを気にして枕をしないで寝る方も多いようですが、頭が心臓よりも低くなり顔がむくんでしまいますので、あまりおすすめできません。自分に合った枕を使うことが大切です。

・不眠

合わない枕は、不眠の原因にもなる場合があります。枕が低すぎると頭に血がのぼり熟睡の妨げになり、逆に高すぎれば、気道が圧迫され息苦しさで目が覚めてしまいます。

また、硬すぎる枕は接触面積が少なく安定せず、眠りの中枢が刺激されて目を覚ましやすくなり、逆に柔らかすぎる枕は、接触面積が増えて寝苦しく、ぐっすりと眠ることができません。

※ただし、これらの症状を引き起こす原因は枕だけではありませんので、症状が改善しない場合は医師などに相談することをおすすめします。

今使っている枕はあなたに合ってる?

今お使いの枕はあなたに合っているでしょうか?簡単なチェックポイントをご紹介します。

・寝返りがスムーズにできるか

自分に合った枕であれば、寝返りがスムーズにできるはずです。肩や腰を持ち上げるように寝返りをうつなど、うまく寝返りができない場合は、枕が合っていない可能性があります。

・朝起きた時に枕が頭の下にきちんとあるか

朝起きた時に枕をしていないという場合、寝ている間に枕に対して何らかのストレスを感じて自分で外してしまっているのかもしれません。

・頭を乗せていると頭の形がくっきりと残る

頭の形がくっきりと残る枕はやわらかすぎて寝返りがうまくうてません。

・うつ伏せや横向きでないと眠れない

仰向けで寝にくいという場合は、枕の高さが合っていない可能性があります。

・枕の下に手を入れる癖がある

手を入れるとちょうどいいということは、枕が低すぎるのかもしれません。

・枕が気になって寝付けない

合っている枕であれば、枕をしていることを感じずに心地良く眠ることができます。気になって仕方ないという場合は、枕が合っていない可能性があります。

・夜中に何度も目が覚める

合わない枕は不自然に首が曲がって気道が狭くなって息苦しくなったり、頭に血がのぼったりして、睡眠の妨げになります。

・翌朝疲れがとれていない

眠ったのに疲れがとれていない、という場合は、枕が合わずに熟睡できていないか、不自然な姿勢で眠って余計な緊張が体にかかっている可能性があります。

・起床時に腰や関節が痛い

起床時に腰や関節が痛み、体を動かすと良くなるという場合は、合わない枕による不自然な寝姿勢が体に負担となっている可能性があります。

・いびきをかく

枕の高さが合わず、気道が圧迫されて狭くなり、いびきの原因となっている可能性があります。

睡眠を妨げない理想の枕とは?

Dollarphotoclub_67224795

理想の枕とはどのようなものなのでしょうか。素材や高さなどを細かく見る前に、まずは、これだけはおさえたい! というポイントをご紹介します。

  1. 寝心地がよい

    当然のことですが、寝心地の良さをクリアしていない枕は避けるべきです。

    眠っている間に枕を意識しないでぐっすりと熟睡でき、朝スッキリと目覚められる枕が理想の枕です。枕が気になって眠れなかったり、寝ている間に外したくなったりするものは、寝心地の良い枕とはいえません。

  2. 寝返りがしやすい

    人間は寝ている間に身体にかかる圧を分散し、血流を促進するために、何度も寝返りを打ちます。それが損なわれる枕は肩こりや腰痛などの原因になる可能性があります。

    頭が沈みすぎたり、中身が片寄っていたりする枕は寝返りがうちにくいので、避けたほうがいいでしょう。寝返りをうったときに頭が落ちてしまわないようにある程度の大きさがあり、両サイドに適度な高さがある枕がおすすめです。軽すぎる枕は寝返りをうったときに逃げてしまうことがありますので、重量にも注意しましょう。

  3. 熱がこもらない

    通気性・透湿性も重要なポイントです。熱がこもってムレてしまうと、寝苦しく、夜中に目が覚めてしまうことがあります。

  4. 手入れがしやすい

    枕を清潔に保てるかどうかも大切です。睡眠中に汗や湿気を吸い取る枕は想像以上に汚れています。気軽に洗濯ができたり、天日干しができるものであれば清潔に保つことができます。特にアレルギーのある方は水洗いができる素材を選ぶことをおすすめします。

あなたにぴったりの枕を選びましょう

Dollarphotoclub_82358016

それではいよいよ、あなたにぴったりの理想の枕選びに入りましょう!

① 大きさを選ぶ

まずは枕の大きさを選びましょう。枕の大きさはさまざまあります。一般的なサイズは43×63cmで、それよりもひと回り大きい50×70cmと、ひと回り小さい35 ×55cmなどがあります。体型や好みによって自分に合ったものを選んでください。寝返りをしたときに落ちてしまわないように、頭3個分くらいの大きさがあるものがベストです。

② 形を選ぶ

いわゆる一般的な枕の形状のほかに、最近では寝心地を追求したさまざまな形の枕があります。首筋のフィット感がポイントになりますが、フィットする枕が苦手な方は、標準的な中央部がふくらんだ枕を選んだほうがいいでしょう。

《標準タイプ》

中央部にふくらみのある一般的な枕。

《くぼみタイプ》

くぼみ部分に頭がおさまり、首筋もフィットするので安定感があります。

《ダブルサイズタイプ》

ダブルサイズベッド用の枕ですが、一人でゆったりと使いたいという方におすすめです。

《分割タイプ》

枕をユニットに分けて素材を詰めているもの。ユニットごとに詰め具合を調節することができるタイプもありますので、より自分に合った枕を作ることができます。

《ウェーブタイプ》

低反発枕によくある形で、首筋をしっかりサポートしてくれます。波が高い方を手前にして使います。

《ハート形タイプ》

波型よりも首元のボリュームをおさえてあるので、首への負担が少ないタイプです。こちらも低反発枕によくある形です。

③ 素材を選ぶ

次に、素材を選びましょう。硬さ、やわらかさ、通気性、お手入れ方法などを重視してみてください。気になる素材が見つかったら、店頭で感触を確かめてみましょう。なるべく好みの感触の素材を選ぶことをおすすめします。

夏には通気性の良いそばがら、冬は保温性の高い羽毛、などと季節によっていくつか枕を使い分けるのもいいでしょう。

ポリエステルわた


【特徴】わた状の人工繊維で、ふんわりしてやわらかい。
【硬さ】やわらかめ
【通気性・吸湿性】あまり良くない
【価格の目安】800円〜5000円程度。
【メリット】柔らかくボリュームがありやさしく包まれるような寝心地。水洗いできるものは洗濯ができ清潔に保てる
【デメリット】使用していると弾力性がなくなってくる。ホコリがたまりやすい。
【お手入れ方法】水洗いができるものは、月に1回程度の洗濯がおすすめ。カビの原因になるので、しっかりと乾燥させてから使用をすることが大切。
【買い替えの目安】1〜3年が買い替えの目安。ボリュームがなくなってきて、枕の高さが低くなったら買い替えましょう。ホコリをためやすい素材なので、水洗いができないものは、早めに買い替えることがおすすめです。

低反発ウレタン


【特徴】スポンジ状の素材。ゆっくりと沈んでゆっくりと戻って来るのが特徴。体重と体温に反応して沈み、体の圧力を一点に集中させずに分散させる。そのため、体への負担が少ない。
【硬さ】やわらかめ
【通気性・吸湿性】良くない
【メリット】使う人の体型に合わせて形状が変わるのでフィット感がある。
【デメリット】寒くなると硬くなる性質がある。夏は熱がこもりやすい。
【価格の目安】2000円〜15000円程度。比較的安価なものは、寒くなると硬くなりやすいことが多いです。高価で品質の高いものは、目が細かく硬くなりにくいですが、重さが重いものが多くなります。
【お手入れ方法】洗濯は水洗いができるように特殊加工をほどこしているもののみ可能。
【買い替えの目安】半年〜3年程度を目安に買い替えるといいでしょう。使い続けるうちに低反発ウレタン独特のモチモチとした柔軟性が失われていきます。それによって体圧を分散させる効果も期待できなくなってしまいます。柔軟性がなくなり、形が崩れてしまったら買い替えましょう。

スノー低反発(粉砕低反発)


【特徴】低反発ウレタンを細かくした素材で、握ると小さくまとまってゆっくり元の大きさに戻ります。その特徴が雪のようなことからスノー低反発と名付けられています。低反発ウレタンのフィット感と羽根枕の包み込まれるような心地よさがあります。
【硬さ】やわらかめ
【通気性・吸湿性】あまり良くない
【メリット】フット感がありながらふんわりと包まれる心地よさがある。低反発ウレタンに比べると通気性がある。
【デメリット】中の素材がかたよってしまったり、雪のようなさらさらとした感じが使用するうちになくなってしまうことがあります。使い始めはウレタン素材独特の臭いがすることがあります。
【価格の目安】5000円〜15000円程度。
【お手入れ方法】水洗いはできませんので、風通しの良いところで陰干ししましょう。
【買い替えの目安】使い続けるうちに中の素材が一体化して硬くなってしまいます。ふわふわ感がなくなってつぶれてきたら買い替えましょう。目安は6ヶ月〜1年程度です。

パイプ・ストロー


【特徴】ストローを細かく切ったような形をした素材で、大きさや硬さにバリエーションがあります。
【硬さ】かため
【通気性・吸湿性】通気性は良いが、吸湿性はあまり良くない。
【メリット】通気性が良く、ホコリや虫がつく心配がありません。また、耐久性にもすぐれ、水洗いも可能。へたりにくいのも長所です。
【デメリット】大きくて硬めのパイプはごつごつしていて、寝返りをうつ時に音が気になる場合があります。
【価格の目安】1000円〜5000円程度。
【お手入れ方法】水洗いが可能なので、こまめに水洗いをしましょう。素材の耐久性も高いので安心して洗えます。
【買い替えの目安】比較的長く、清潔に使えますが、パイプがつぶれてボリュームがなくなってきたら買い替えましょう。3〜5年が目安です。

ビーズ


【特徴】発泡スチロールを小さく粒にしたような素材で、独特の触り心地でで、クッションやぬいぐるみなど癒しグッズによく使用されています。
【硬さ】やわらかい
【通気性・吸湿性】通気性は良いが、吸湿性は良くない。
【メリット】ビーズの粒が極小なので形が柔軟に変形しフィット性があります。触り心地が気持ち良い点にも魅力があります。
【デメリット】熱がこもりやすい素材です。安定感がないと感じる方もいます。
【価格の目安】3000円〜12000円程度。
【お手入れ方法】特殊加工をされた水洗いができる商品以外は洗う事ができません。洗う場合は、自然乾燥がベストです。熱を使う乾燥機やドライヤーなどは避けましょう。普段は風通しの良い場所で陰干しを。
【買い替えの目安】柔軟性・流動性が高いため、ビーズ自体より、カバーや内袋の寿命の方が傷みやすいです。ビーズ自体は、長く使うことで使い心地が悪くなるといった変化はあまりありません。1〜5年程度を目安に買い替えるといいでしょう。

コルマ・丸ビーズ


【特徴】コルマはプラスチックボールの中に大きな穴が空いたものです。
【硬さ】かため
【通気性・吸湿性】通気性は良いが、吸湿性はあまり良くない。
【メリット】中が空洞になっているので、通気性にすぐれています。素材一つ一つが球状になっているので、柔軟性やクッション性があります。
【デメリット】中の素材がゴロゴロと動く音が気になることがあります。
【価格の目安】2000円〜5000円程度。パイプに比べると高め。
【お手入れ方法】水洗い可能なので、こまめに水洗いをしましょう。耐久性が強いので安心です。
【買い替えの目安】球状なのでクッション性にすぐれていますが、復元力がなくなって、一つ一つの球の形が崩れてボリュームがなくなったら買い替える時期です。寿命は3〜5年が目安です。

そばがら


【特徴】そばがらは、そばの実の殻を乾燥させた素材で、日本では古くから使われています。重量感があり、硬めのまくらです。
【硬さ】かため
【通気性・吸湿性】とても良い
【メリット】通気性・吸湿性にすぐれ、熱を逃がして汗などの水分を吸収してくれます。清涼感があり、熱がこもらないので、夏の寝苦しい夜などに特におすすめです。
【デメリット】使用しているうちに、そばがらが潰れてしまうことがあります。また、天日干しをせずに長期間湿気の多いところに置いてしまうと、虫がわくことがあります。アレルギーやぜんそくの方にはおすすめできません。
【価格の目安】500円〜3000円程度。比較的安価です。
【お手入れ方法】水洗いができませんので、できるだけ頻繁に天日干しをしましょう。天日干しをすることで虫の発生を抑えることができます。叩くとそばがらが割れて粉が出てきてしまいますので、干す時は叩かないように注意してください。
【買い替えの目安】そばがらが割れてできた粉が増えると虫がつきやすくなったり、鼻炎やぜんそくの原因になることがあります。6ヶ月〜1年を目安に買い替えるといいでしょう。

羽根・フェザー・羽毛


【特徴】水鳥の羽根・羽毛を使用し、ボリュームとふんわり感があります。包まれるような優しい寝心地です。
【硬さ】やわらかめ
【通気性・吸湿性】良い
【メリット】通気性・吸湿性が良く、保温性もすぐれているので、冬は温かく、夏は涼しいです。
【デメリット】安価なものは羽根独特の臭いがあるものがあります。また、枕の中から羽根や羽毛がでてきてしまうこともあります。
【価格の目安】2000円〜15000円程度。品質の良い羽毛を使用している羽毛枕の場合は、数万円のものもあります。
【お手入れ方法】水洗いはできませんので、直射日光に当たらない風通しの良い場所で陰干しをしましょう。
【買い替えの目安】使用しているうちに弾力、ボリュームがなくなってきます。ボリューム感が減ると枕の高さが低くなってしまい寝心地にも影響が出てしまいます。1〜3年を目安に買い替えるといいでしょう。

ひのき素材


【特徴】天然のひのきを使用した素材です。1cm程度のサイコロ状にしたり、カール状に巻いた形状のものがあります。
【硬さ】かため
【通気性・吸湿性】通気性・吸湿性ともに良い。
【メリット】ひのきの良い香りがリラックスできて睡眠を誘います。また天然ひのきの防虫防湿効果があります。
【デメリット】残念ながら香りは持続性がなく、1ヶ月程度で抜けてしまいます。価格が比較的高めです。
【価格の目安】1500円〜9000円程度。
【お手入れ方法】水洗いができませんので、頻繁に天日干しをしましょう。
【買い替えの目安】比較的丈夫で、寿命が長い素材です。1年〜3年を目安に買い替えるといいでしょう。

使ってみたい素材が見つかったら、次は高さを決めます。

④ 高さを選ぶ

最後は自分に合った高さを選びます。ベッドマットや敷布団と首の角度が約5度となるのが理想的な枕の高さといわれています。その角度を保って、頸部と布団との間にできる隙間を埋める枕を選ぶといいでしょう。この隙間の深さは人により異なりますが、一般的には1〜6cm程度です。

2

最適な高さの枕を選ぶために店頭で計測をしてくれる専門店もありますが、計測を参考にしながら、自分の好みも大切にしてください。計測の結果、最適な高さの枕が分かっても、それが頸部を圧迫して気になる場合や、逆に低すぎると感じる場合は購入を控えた方が無難です。

また、横向けで寝た時に首が不自然に曲がらない高さのものを選ぶことも重要です。必ず横向けでも寝てみて確認しましょう。

※正しい枕の高さ選びについては、「枕選びのキーポイント!良質な眠りをもたらす枕の最適な高さ」でも触れていますので、詳しく知りたい方は、ぜひご覧になってみて下さい。

持っている布団との相性も重要!

Dollarphotoclub_80837959

見逃しがちなのが、今使用している寝具との相性です。敷布団やマットレスが柔らかく沈みやすい場合は少し高めの枕を、逆に硬めの敷布団やマットレスを使用している場合は、少し低めの枕を選ぶなど調整してみましょう。

自分の好みのものを!

Red and white kitten lies quietly on the open book

枕選びのさまざまなポイントをご紹介しましたが、一番大切なのは、やはり自分の好みのものを選ぶことです。

知識を身につけて購入するメリットは大きいですが、頭でっかちにならずに自分の感覚に頼ることも大切です。理屈で考えて自分に合っている良い枕が見つかったとしても、さわり心地、寝心地が好みでないものを毎日使うのはかえってストレスになってしまいます。

枕カバー選びも大切

Dollarphotoclub_90182293

枕には必ずカバーをつけましょう。想像以上に睡眠中に汗などで汚れます。カバーを取り付けることで、清潔に保てるうえ、ダニ予防、アレルギー予防にも役立ちます。

選ぶ時には、枕に合った大きさのものを選びましょう。素材は、通気性を損なわない綿などの自然素材がおすすめです。綿にポリエステルの入ったものは、伸縮性や耐久性にすぐれています。

夏には清涼感のある麻のカバーにするなど、季節によって変えるのもおすすめです。

自分にぴったりの枕が買えるお店

自分ではなかなか判断できない、計測してもらって自分にぴったりの枕を購入したい、という方は枕選びを手伝ってくれる専門のスタッフがいるお店で購入するといいでしょう。ひとりひとりに合った枕を提案してくれるお店をいくつかご紹介します。

PILLOW STAND(ピロースタンド)

ピロースタンドは寝具メーカー東京西川プロデュースのオーダーメイド枕ブランドです。詰める素材によって、スタンダードタイプ、プレムアムタイプがあり、価格は1万円前後。計測をして、フィッティングをしながら詰め物の量を調節して製作してくれます。1年以内であれば、何度でも調節してもらえるアフターサービスもあります。

ロフテー枕工房

ロフテー枕工房では、枕のプロ、ピローフィッターがひとりひとりに合った枕選びをサポート。首のカーブを計測して身体に合った高さの枕を選びます。フィッテインングで高さや素材を調節することができます。

タナカふとんサービス 「じぶんまくら」

全国に85店舗以上あるタナカふとんサービスのオーダーメイド枕ブランド。体型を測定し、フィッティングをして中の詰め物を調整し適切な高さの枕を提案してもらえます。購入後は枕が寿命を迎えるまでメンテナンスに対応してくれるという嬉しいアフターサービスも。

枕のお試しサービス

それでもやっぱり枕は使ってみなければ分からない! という方は、お試しサービスをおこなっている店舗で購入してみましょう。自宅で普段使用している布団との相性もみることができます。レンタルサービスか、一定の期間の返品、交換保証をつけているショップがあります。

枕と眠りのおやすみショップ

50種類以上の枕から最大3つを選んで、20泊21日までレンタルができるショップ。これなら十分納得した上で購入できます。

店頭で枕を購入する時に気をつけるポイント

Dollarphotoclub_79014743

店頭で枕を購入するとき気をつけるとよいポイントをご紹介します。

・誰かと一緒に行く

寝ている姿は自分では見れないので、家族や友人と一緒に行って寝姿に無理がないかどうかチェックしてもらうといいでしょう。

・仰向けだけでなく横向きでも寝てみる

寝ている時に寝返りをうつことを考えて横向きの姿勢でも快適かどうかも忘れずにチェックしましょう。

・高い枕か、低い枕かで迷ったら低い枕を選ぶ

枕の高さで悩むことがあったら、低い枕を選びましょう。低い枕であれば、枕の下にタオルを入れるなどして簡単に調節をすることができます。

それでも失敗してしまったら…

Female lying on bed and closing her ears with pillow.

あれこれ知識を身につけて、きちんと計測して、コレだ! という枕を買ったはずなのに、それでも合わなかった…。せっかく買ったのに使えないなんて!

大丈夫! あきらめないでください。自分で枕を調節すればいいんです!

《高く感じる場合》

・肩の下にタオルを入れて肩の部分を少し高くする

・枕の位置を下げて肩までをサポートするようにして使う

・山が低い方を手前にして使う

・低反発ウレタン素材の場合はできるだけ部屋の温度を上げて柔らかくして使う

《低く感じる場合》

・枕にタオルを巻くか、枕の下に敷いて厚みを出す

・枕カバーを厚めの素材にするか、もう一枚カバーをつける

まとめ

いかがでしたか? あなたにぴったりの枕は見つかりそうですか?

理想の枕を選ぶために大切なことを、もう一度おさらいしておきましょう。

・理想の枕は、寝心地、寝返り、お手入れのしやすさ、通気性がポイント

・素材、大きさ、高さの理想は参考までに。自分の好みを優先する

・今持っている布団との相性も考えて!

・店頭で試すときは、必ず横向けでも試してみる

ぜひ枕選びの参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。