お布団カバー、何を重視して選んでいますか?

布 織り方 織り
プライベートな空間である寝室、寝具やリネンなどこだわりを持って揃えている方も多いと思います。掛け布団や敷き布団・枕などのカバーを購入する際、何を重視して選んでいるでしょうか?好みの色、肌触り、好きなブランドやメーカーなどこだわりはさまざまかと思いますが中には消耗品と割り切って、深く考えずに値段だけで選んでいるという方もいらっしゃるかもしれません。

今回はお布団カバーに使われる代表的な素材、お布団カバーを選ぶ際に重視したい点についてまとめました。

お布団カバーに使われる素材

まずはお布団カバーによく使用される素材をみてみましょう。お布団カバーといっても色々な素材がありますが、大きく分けて「化学繊維」と「天然繊維」の2つにわかれます。

1.化学繊維

お布団カバーによく使われる化学繊維といえば合成繊維と呼ばれるポリエステルやナイロン、アクリルでしょう。合成繊維とは、主に石油などを利用して化学的に合成された繊維のこと。お布団カバーではポリエステル100%のものもあれば、ポリエステルとアクリルを混合した製品などがあります。

化学繊維の特徴

  • シワになりにくい
  • 型崩れしにくい
  • 耐久性に優れている
  • 低価格

また速乾性があり、自宅で気軽に洗濯できるのもメリットとなる特徴です。

2.天然繊維

自然界(動物や植物)からつくられる繊維が天然繊維です。天然繊維の中でも植物から生まれる植物繊維、そしてウールやシルクなど動物の毛や繭からつくられる動物繊維とがあります。お布団カバーで使われる天然繊維はリネン(麻)やコットン(綿)などの植物繊維が代表的。肌にやさしく、使うたびに風合いが増してくるのも天然繊維の良いところです。

天然繊維の特徴

同じ天然繊維といえどその種類によって特徴は変わりますが、お布団カバーでよく使われる植物繊維では

  • 強くて丈夫
  • 肌への負担が少ない
  • 使うたびに自然な味わい、風合いが増す
  • 静電気が発生しにくい

といったところが共通点といえるでしょう。天然繊維の持つ風合いや味は、一度使うと手放せないという方も多いようです。

異なる素材の糸や繊維を混ぜた混紡素材も

異なる2種類以上の繊維をわたの段階で混ぜてつくる「混紡」という素材も存在します。繊維の持つそれぞれの特長やメリットを生かして機能を両立させる目的でつくられたものですが、お互いのデメリットをかばいあい、それぞれの長所を引き立てる役目もあります。

よく混紡される素材は綿×ポリエステル、アクリル×ウール、毛×ナイロンなど。お布団カバーには綿とポリエステルの混紡が非常に多く使われます。ポリエステルを混ぜることでコストの削減を図り、製品の耐久性を高めるという目的がほとんどかと思いますが、綿の持つナチュラルさとポリエステルの強さがうまくミックスされ、お布団カバーに適した素材であるといえるでしょう。

【こんな商品がおすすめ】高密度防ダニカバーシリーズ 高密度織りでダニやハウスダストの侵入をシャットアウト!

こちらの製品はポリエステル80%綿20%の混紡素材でつくられたカバーです。高密度に織り上げているのでしっかりした風合いが特徴。埃やペットの毛なども払い落としやすいので、赤ちゃんのいるご家庭やペットを飼っているご家庭、アレルギーが気になる方にはとても嬉しいカバーです。

お布団カバーを選ぶ際に大事なポイント

お布団カバーに使われる素材の特徴が分かったところで、次はお布団カバーを選ぶ際に大事なポイントをみてみましょう。

1.吸湿性に優れていること

人間は寝ている間に約コップ一杯の汗をかくといわれています。お布団の中は蒸れて湿気がこもりがちな状態ですので、掛け布団や敷き布団のカバーは吸湿性に優れていることが大前提といえるでしょう。汗を吸ってくれる素材は、天然素材の綿が定番であり一番人気です。

また、綿を粗く織り上げ平織りにしたガーゼも人気。ガーゼは空気の層が保温性もつくり出すのでいわゆるひやっとする感覚がなく、体全体をやさしく包み込んでくれます。

2.肌触りが良いこと

素肌に直接触れるお布団カバーは、柔らかで肌触りが良いことも大切なポイント。花粉の多い春・秋や冬の乾燥している時期など、お肌が過敏である時は掛け布団カバーがゴワゴワしているだけでお肌を傷めてしまいます。

毎日体を包んでくれるお布団のカバーだからこそ、肌触りは特に重視したいですね。

【こんな商品がおすすめ】クルームフィールズオーダーメイド対応EGYPTIANCOTTON(エジプト綿)掛け布団カバー

こちらはジュニアサイズからキングロングサイズまで、多くのサイズに対応してくれるエジプト綿を使ったカバー。綿100%なのにシルクのような光沢感と滑らかな肌触りが特徴です。

お布団カバー カバー

3.丈夫につくられていること

お布団カバーは常に清潔にしておきたいもの。しかし洗濯回数を重ねるごとにヨレヨレになったり、ほつれてきてしまっては意味がありません。

特にこれからの季節は汗をよりかきやすくなりますので、頻繁に洗っても縮んだり傷んだりしにくい丈夫なつくりであること、長持ちする素材であることが大事です。「日本製」「国内縫製仕上げ」だとより安心ですね。

【こんな商品がおすすめ】セシール「丈夫でしっかり」綿ツイル掛け布団カバー

こちらも綿100%でつくられた掛け布団カバーです。継ぎ目のない綿ツイルでしっかりしているので、じゃぶじゃぶ洗えて安心です。

まとめ

お布団 お布団カバー カバー

化学繊維と天然繊維のそれぞれの特徴、そしてお布団カバーを選ぶ際に重要視したいポイントを挙げました。

繊維それぞれの特徴やメリットを知っておくと「毎日洗濯したいからシワになりにくいポリエステルを」「肌触りにこだわりたいから綿を」など、今後カバーやファブリックを選ぶ際に季節やシチュエーション、目的に応じてどのような素材が適しているのかがわかります。

化学繊維・天然繊維どちらを選ぶにしても、小さなお子さまがいらっしゃる方やお肌が敏感の方はできるだけお肌にやさしいもの、肌触りを重視すると良いでしょう。

オールシーズン使えるものを1種類を選ぶとしたら、お布団コンシェルジュからは天然素材である綿をオススメします!同じコットンでもガーゼ織りのものは特に肌触りがバツグンなので、お布団に入る喜びが倍になりそうです。

お布団カバーによって寝心地の良さも大きく変わります。私たちが元気で暮らすために睡眠は不可欠なものですので、カバーの素材にもこだわりを持って選び、より良い眠りをとりましょう。

ずっと快適に使いたい!羽毛布団の正しいお手入れ方法とは?

Woman sitting in bed

ふんわりと軽く暖かい羽毛布団は、一度使ったら手放せない寝具のひとつです。その快適な寝心地をいつまでもキープしたいですよね。

人間は一晩にコップ1杯分の汗をかくといわれていますが、羽毛の掛け布団は吸湿・放湿性に優れているのが特徴。

一般的には10年から15年の寿命といわれている羽毛布団ですが、きちんとお手入れしていけば高価で購入したものは30年以上使い続けることもできます。

数年で買い替えるか、長期間使い続けることができるかは、やはり日頃のお手入れが肝心です。とはいってもそんなに難しいことではありません。日々のケアから定期的におこなうスペシャルケアまで、羽毛布団をより長く快適に使い続けるお手入れ方法を解説します。

続きを読む

洗ってスッキリ快適に!布団を洗濯する方法

洗ってすっきり!布団を洗濯する方法

毎日必ず使う布団。カバーを洗ったり、こまめに干したりなどの手入れはしているけれど、やはり布団本体に染み込んだ見えない汚れは気になるもの。家庭の洗濯機で洗えれば気軽でいいのですが、失敗すると布団を劣化させてしまうことも。きちんと正しい方法でおこなうことが大切です。今回は布団の洗濯方法をご紹介します。

ご自身の目的やお持ちの布団に合った洗濯方法を選んで実行しましょう。

続きを読む

お部屋のタイプで見つける!一人暮らしにおすすめの布団とベッド

一人暮らし 部屋

一人暮らしのお部屋は収納がなかったり、狭かったりといった悩みも多く、布団やベッドのような大きめの家具をどう選べばいいのか迷いますよね。今回は一人暮らしの方に最適な寝具が見つかるように、お部屋のお悩み・タイプ別におすすめの布団とベッドをご提案します。

続きを読む

羽毛布団はダウン率で決めていい?高品質の羽毛布団を選ぶポイント

パーセンテージ 割合 %

ダウン率とは、羽毛布団に詰められている詰め物全体のうち、ダウン(羽毛)がどのくらいの割合入っているかをパーセンテージで示したもの。この割合が多いほど、羽毛が多く入っていてあたたかな羽毛布団と言えますが、羽毛布団の品質を見極めるにはダウン率の他にも注目するべきポイントがあります。今回はダウン率について解説します。

続きを読む

羽毛はどうやって洗浄するの?知っておきたい羽毛布団の基礎知識

羽毛 水 洗濯 洗う 洗浄

羽毛の洗浄は羽毛についた汚れや臭いを取り除くだけでなく、へたってしまった羽毛をふっくらとよみがえらせることにもつながる重要な工程です。羽毛がどれだけきれいに洗浄されているかは、羽毛布団の品質に大きく関わるのです。今回は羽毛の洗浄について解説しましょう。

続きを読む

羽毛布団の側生地の加工にはどんなものがあるの?羽毛布団の購入前におさえておきたい基礎知識

紹介する前に

羽毛布団を探しているとよく目にするのが「ダウンプルーフ加工」や「ウォッシャブル加工」などの加工方法。これらがどんな加工なのか、羽毛布団を購入する前に知っておきたいですよね。今回は羽毛布団の側生地に施される加工について解説します。

続きを読む

羽毛布団のキルティングはどれがおすすめ?おさえておきたい羽毛布団の基礎知識

布団 キルティング

キルティングの構造も羽毛の機能を生かすために大変重要な要素です。キルト構造やマス目の数などによって保温性や通気性に違いが現れるのです。今回は羽毛布団のキルティングについて解説しましょう。

続きを読む

信頼できる羽毛布団メーカーは?知っておきたい羽毛布団の基礎知識

a women doing online shopping

羽毛布団を購入する前に布団の中に詰められている羽毛を取り出して品質を確かめることはできません。本当に表示どおりの羽毛が入っているのか、品質は確かなのか、消費者が自分の目で確認することはできず、メーカーを信頼して購入するしかないのが現状です。どのようなメーカーなら信頼できるのでしょうか。今回は信頼できる羽毛布団のメーカーについて解説します。

続きを読む