布団にダニを寄せ付けない! ダニを駆除する効果的な方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Dollarphotoclub_67224843

布団に入るとくしゃみが止まらない、鼻がつまって寝苦しい…。それはダニアレルギーの症状かもしれません。ダニ対策のために日に干したり、掃除機をかけたりしている方も多くいらっしゃるかと思いますが、いままでのお手入れ方法できちんとダニを駆除できているのでしょうか。今回は、布団のダニ駆除の効果的な方法をご紹介します。

布団はダニの絶好のすみか

Dollarphotoclub_51185105

ダニにとって、あたたかく適度な湿気があり、エサとなる人間のアカやフケが多い布団は最高に居心地のいいすみかです。布団には何十万〜何百万匹ものダニがいるとも言われます。

ダニが一生のうちに産む卵の数は、なんと200〜300個。長期間にわたってダニの死骸や糞に含まれるアレルギーの原因となる物質を吸い込むことでダニアレルギーやぜんそくになることもあるので注意が必要です。

こまめに駆除をすることと、ダニを増やさないようにすることが大切です。

布団にはどんなダニがつくの?

布団に住みついているダニの90%以上がチリダニの一種であるヒョウダニというダニで、このヒョウダニの糞や死骸に混じっているシステインプロテアーゼという酵素がアレルギーを引き起こす原因とも言われています。

ヒョウダニは、人の血を吸うダニではありません。そのため、ダニが増えていることに気付きにくいので、かゆみなどの症状がなくても普段から気をつけてこまめに対応することが重要になります。ヒョウダニが増えるとヒョウダニをエサとする、ツメダニという人の血を吸うダニも増えるので注意が必要です。

ダニの健康への影響

Dollarphotoclub_80934386

布団に多く住み付くヒョウダニの糞や死骸に含まれるシステインプロテアーゼという酵素を長時間吸い込み続けると、ダニアレルギーになる可能性が高くなります。

特に、生後4ヶ月ごろまでにダニの糞や死骸にさらされ続けるとダニアレルギーになりやすいと言われています。小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、特に注意が必要です。

また、ヒョウダニの死骸や糞を含んだホコリを吸い込むことで、ぜんそくの発作が起こることもあります。

ダニが繁殖しやすい季節は?

Dollarphotoclub_67079782

ダニは湿度の高い梅雨の時期の6月〜7月に増殖し始め、夏真っ盛りの8月にピークを迎えます。ダニの寿命は2〜3ヶ月なので、6月に発生したダニは、8月〜9月ごろには死骸になります。そのため、6月〜8月までは、生きているダニの駆除、9月〜10月までは、死骸と糞の除去を念入りにすることが大切です。

どんな布団にダニが繁殖しやすいの?

自然の繊維である綿布団や羊毛布団は、化学繊維のものに比べるとダニがつきやすくなります。羽毛布団は、羽毛の吹き出しを防ぐために目の詰まった側生地を使っているため、ダニが侵入しにくい布団ですが、縫い目から侵入することもあります。

どのタイプの布団も、布団の表面にダニがつかないようカバーの洗濯をこまめにすることがおすすめです。また、ダニアレルギーのひどい方は、防ダニ加工の布団やカバーを使用するといいでしょう。

あなたのダニ駆除方法はどれだけ有効?

さて、これまでみなさんがおこなってきたダニ駆除方法はどれだけ有効なのでしょうか。ダニ駆除によさそうなことと、その実際の効果についてまとめました。

・ダニ駆除によさそうなこと

  1. 天日干し→紫外線に当てる

    Dollarphotoclub_87178074

    布団といえば天日干しが一番、と思われる方も多いかもしれませんが、残念ながら天日干しよってダニを駆除することはできません。紫外線でダニが死滅することはないのです。

    ただし、天日干しをすることで、布団の中の湿度を下げることができるので、湿度の低い環境が苦手なダニの活動を低下させて、繁殖を抑える効果が期待できます。こまめに天日干しをすることはダニの増加防止に役立ちます。

  2. 叩く・振動を与える

    生きているダニはハサミ状の手でしっかりと布団の中綿の繊維をつかんいます。つまり、叩いたり振動を与えたりすることで、ダニが表面に出てくる、ということはないのです。

    中綿やカバーを傷めるだけでなく、ダニの糞や死骸などが表面に出てきて肌に付着してしまい、アレルギーの原因になることもありますので、叩くことはおすすめできません。特にアレルギー症状のひどい方は避けましょう。

  3. 掃除機・布団専用掃除機

    前述したとおり、ダニはハサミ状の手を持ち、その手でしっかりと繊維をつかんで離しません。つまり、掃除機や布団専用掃除機などでも生きているダニを駆除することはできないのです。

    ただし、アレルギーの原因となるダニの死骸や糞などは取り除くことができますので、こまめに掃除機をかけることはおすすめです。その場合は布団専用掃除機があるととても便利です。

    掃除機しか持っていないという方は、布団専用の吸引ノズルを使用すると清潔に掃除機がけができます。

  4. 丸洗い

    ダニは空気がなくても生息できる生物で、洗剤でも死滅しません。残念ながら丸洗いも生きているダニの駆除にはあまり効果がありません。

どうすればダニを駆除できるの?

今までやっていた方法がダニの駆除に効果がなかったなんて。ダニを駆除する決定的な方法はないということでしょうか?

いいえ、大丈夫です。ダニにもちゃんと弱点があります。

・ダニが苦手なもの

  1. 高温

    Dollarphotoclub_29060933

    ダニは60度以上の高温で死滅すると言われています。ダニ駆除の最も効果的な方法は高温で死滅させることなのです。

  2. 低湿度

    sahara desert

    高温に加えて低湿度もダニの弱点です。ダニは湿度が50%以下だと活発に動けませんので、繁殖を抑えることができます。ただし、湿度が低いうちはいいですが、湿度が上がると再び活発に動きだします。低湿度はダニにとって苦手な状況ではありますが、それによって死滅することはありません。

布団をダニのすみかにしないために

高温と低湿度が苦手という弱点を利用して、効果的にダニを駆除する方法をご紹介します。

まずは今いるダニを駆除!

まずは今布団の中いにる、生きているダニを駆除しましょう。

  1. 高温でダニを除去

    まずは、高温でダニを死滅させます。布団を高温状態に保つ方法をいくつかご紹介します。

    • 衣類用乾燥機

    衣類用の乾燥機なら、乾燥機の高温でダニを死滅させることができます。コインランドリーにある高温乾燥機は、80度から120度で加熱ができます。ダニは60度以上で死滅すると言われていますので、コインランドリーの乾燥機を使用することで高いダニ駆除効果が期待できます。ただし、羽毛布団は羽毛が傷む場合があるので、洗濯表示などを確認してから乾燥機を使用したほうがいいでしょう。

    • 布団乾燥機

    布団乾燥機もダニ駆除に役立ちます。ダニが布団の裏側に逃げないよう、布団を布団乾燥機にくるみ、その上からさらに布団をかけて温度を保つ工夫をするとさらに効果的です。

  2. 掃除機でダニの死骸や糞を吸い取る →重要!!

    Dollarphotoclub_70326721

    高温でダニを死滅させたらそれで終わりではありません。布団にはダニの死骸や糞などが残っていますので、必ず掃除機で吸い取りましょう。吸い取る際は、一つの場所をゆっくりと時間をかけて吸い取ることが大切です。また、掃除機の排気口を布団に向けないように注意しましょう。ホコリが舞い散って、ダニの死骸や糞が再び付着してしまいます。中のフィルターの掃除をして吸引力が強い状態で使えるようにメンテナンスをしておくことも忘れずに。掃除機をかけるときには、布団専用ノズルを使用することがおすすめです。

  3. 布団を丸洗いする

    Waschmaschine, Waschvollautomat weiss, silber, freigestellt

    高温でダニを駆除して、掃除機で吸い取るだけでも、効果はありますが、まだ気になるという方は、布団を洗うのもおすすめです。アレルギーの原因となるダニの死骸や糞をさらに除去することができます。大きめの洗濯機・乾燥機のあるコインランドリーを利用するといいでしょう。

    洗うときは、丸めて数カ所をヒモで結ぶと中綿の片寄りを防ぐことができます。また容量が小さくなるので、洗濯機に入れやすくなります。

    よく脱水をしてから乾燥機か、浴室乾燥機、または天日干しで乾かします。乾燥機を使う場合は、途中で一度裏返すと早く乾きます。天日干しする場合は、乾かすのに日数がかかりますので晴天が続くことを確認しておきましょう。ただし、羽毛布団は洗う事には向いていませんので、特別に洗えるものでない限りは避けたほうがいいでしょう。

  4. 布団クリーニングを利用する

    上記の3ステップが面倒!という方は、布団のクリーニングサービスを利用しましょう。丸洗いと高温乾燥ができます。ただし、しっかりと高温乾燥や加熱処理をおこなっている業者かどうかを確認してから依頼することが大切です。また、自宅に引き取りに来てくれるサービスがあると便利です。

ダニを増やさない!

ダニを増やさないように気をつけることも大切です。ダニを増やさないためには何をしたらいいのでしょうか。実践できることをいくつかご紹介します。

《布団を清潔にする》

まずは、ダニが住みつきにくいよう湿度を下げる工夫と布団を清潔に保つことが大切です。

  1. 時々天日干しをする

    天日干しをすることで、布団が乾燥し、湿気をとることができます。ダニは湿気の低いところが苦手です。こまめに乾燥をさせて低湿度を保つように気をつけるとダニの活動を低下させ、繁殖を抑えることができます。

  2. まめに布団に掃除機をかける

    こまめに掃除機をかけてアレルギーを引き起こす原因となるダニの死骸や糞、卵などを取り除くことも大切です。押入れにしまう前、押入れから出した時に掃除機をかけるのもおすすめです。

  3. 時々丸洗いする(クリーニングに出す)

    季節の変わり目に押入れから出した時や、押入れにしまう前に、一度丸洗いをすると、ダニの死骸や糞、卵などを洗い流すことができます。

  4. シーツやカバーをこまめに洗う

    布団の表面にダニが増えるのを防ぐために、シーツやカバーをこまめに洗いましょう。特にペットを飼っている方は頻繁に洗うことをおすすめします。一週間に1回が目安です。

  5. 防ダニ布団や防ダニカバーを使用する

    防ダニ布団や防ダニカバーもダニを防ぐのに有効です。アレルギー症状がひどい方に特におすすめです。

《生活環境を整える》

布団のダニの繁殖を防ぐためにはダニが住みにくい生活環境をつくることも大切です。生活環境を見直すポイントをまとめました。

  1. 部屋をよく換気する

    Dollarphotoclub_76455674

    換気をよくして部屋の湿度を下げるようにしましょう。

  2. 部屋の湿度を下げる

    特に湿度が高くダニが繁殖しやすい梅雨時には注意が必要です。湿度が高いときには除湿機を使用するなどして湿度を下げるように気をつけましょう。

  3. カーペットを減らす

    絨毯は湿気を吸いますので、ダニが繁殖しやすい環境です。フローリングに変えるのが一番ですが、難しい場合は布団乾燥機などにかけて湿気を取り除くようにしましょう。湿気がこもりやすく、ダニが隠れられる場所の多い畳とカーペットの組み合わせは特におすすめできません。

  4. 部屋の掃除をこまめにおこなう

    ホコリには、ダニの死骸や糞が混じっており、アレルギーを引き起こす原因になります。掃除機やハタキなどは、ホコリを巻き上げるのでなるべく使用せず、固く絞った雑巾や掃除用ワイパーなどで静かにとりのぞくのがおすすめです。寝室の家具の裏も忘れずにホコリを取り除きましょう。

    また、カーテンにもダニが住みついていることがありますので、こまめに洗濯することをおすすめします。

  5. 洗濯物を部屋に干さない

    Dollarphotoclub_84555905

    洗濯物を部屋干しすると部屋の湿度が上がってしまいます。雨の多い季節は難しいですが、できるだけ乾燥機を使用したり、除湿機を使用したりするなど工夫をしましょう。

まとめ

ダニを駆除する効果的な方法をご紹介しました。清潔に保つ事とこまめにダニ駆除をすることが大切ですね。布団にダニを寄せ付けないポイントをもう一度まとめます。

・布団につくヒョウダニは血を吸うダニではないので気づきにくい

・ダニの弱点は「高温」と「低湿度」

・生きているダニを駆除したら増やさないように工夫する

・ダニを布団に呼び込まないためには、生活環境も重要

しっかりダニ対策をして、快適に過ごしたいですね。ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。