快適な眠りのための、敷き布団選びの基本的ポイントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

寝つきが悪い・夜中に目が覚める・ぐっすり眠った満足感がない…などといった眠りの不快症状を感じている方は年々増加傾向にあり、何かしらの不眠症状を感じている人は日本人の約4割にものぼるという調査結果があるそうです。

不眠の原因というものは身体的要因や心理的要因などさまざまな原因が関わっていることが多く、これをすれば必ず改善するというものではありません。
しかしその要因のひとつとして、睡眠中の寝姿勢や寝返りの回数が影響するケースも多くあります。

私たちは一晩に10〜20回もの寝返りをうちますが、寝返りには

1.睡眠の段階を移行させる為のスイッチの役割

2.睡眠中の体温を調整する役割

3.布団の中の湿度、温度を調整する役割

があり、寝返りをうつことは睡眠の質をあげるのに大変重要なものです。

また睡眠中は、立っている時と同じように背骨のS字カーブが保たれ、無理のない寝返りが自然に行われていれば体はリラックスし、脳も深い休息が得られるといわれています。
しかしそれが妨げられていると、眠っている間も筋肉が常に緊張した状態に。
寝返りの回数が少ないことによる血流障害によって筋肉の疲労が増すといった、身体に負担のかかる状態に陥り、不眠に似た症状を引き起こすこともあるでしょう。

そのため寝返りを自然にうつことと、正しい寝姿勢で眠ることが大切になってくるのです。

快適に眠るためには敷き布団選びが重要

自然な寝返りができること、そして体に負担をかけずに眠ることでよい寝姿勢を保つこと。それが快眠につながるということがわかりました。
それには重たい身体をしっかりと支えてくれる「敷き布団」の存在が重要になってきます。
ただし敷き布団といっても非常にたくさんの種類が売られており、どんな商品が自分に合っているのか非常に悩ましいものです。

固め、柔らかめ、と敷き布団にもいろいろありますが、敷き布団が固すぎると寝返りが多くなり眠りが浅くなります。逆に柔らかすぎると寝返りがしづらくなるので熟睡できないといったように、非常に難しいのも事実です。
さらに敷き布団は、どんなによい評価をされている商品でも使う人により寝心地の好みも大きく左右します。また、お子さまと一緒に眠るのか、お一人なのか、寝る場所は畳なのかフローリングなのか、性別や体型は…と、環境や条件はそれぞれ全く違います。

ですので今回は、一般的な敷き布団選びのポイントをおはなししたいと思います。

1.適度に弾力性があること

先ほどお伝えしたように、理想的な寝姿勢とはリラックスしてまっすぐに立った状態と同じ姿勢であること。背骨のS字ラインが保たれている状態です。
そのためには敷き布団に適度に弾力を持ち、体圧を吸収・分散して体に負担がかからない敷き布団を選ぶことが大切です。

2.蒸れにくいこと

人間が一晩にかく汗の量は約コップ1杯。もともと布団は湿気がこもりやすいため、それだけの水分が蓄積していくと考えると、吸い込んだ湿気をきちんと放出してくれる機能が必要です。
布団の中の温度や湿度を快適な状態に保つには、放湿性・吸湿性に優れた敷き布団がよいでしょう。

3.床の冷たさが伝わらないこと

フローリングや畳の上に直接敷き布団を敷くと、床面からの冷気が直接布団に伝わりとても寒いものです。冬に布団に入った時にひやっと感じたことがある方も多いと思いますが、眠りモードに入っている状態から冷たさを感じると、交感神経が刺激され目が覚めてしまうことも。
敷き布団にも適度な保温性が重要といえるでしょう。

4.耐久性に優れていること

掛け布団にくらべ、敷き布団は身体の全体重を支えるため消耗しやすいものです。ヘタリのある寝具を使い続けると上手に寝返りがうてない、体圧が分散しない、などの理由から腰痛の原因にもなります。なるべく長く使えるよう、耐久性のある素材を選びましょう。

季節に応じて敷きパッドで一工夫を

また、身体を横たえた時の肌当たりや肌触りの快適さも快眠にとって大切です。暑い夏はできるだけ涼しく、寒い冬は暖かく眠ることでよい眠りを得ることができます。
だからといって敷き布団を季節によって変えることは難しいものですが、敷きパッドを使い分けることでより快適に眠ることができるでしょう。

夏に適した敷きパッドとは

気温が高く、湿気の多い夏の時期は吸湿性・速乾性にすぐれた敷きパッドがおすすめ。さらりとした肌触りや汗を吸収するドライタイプの敷きパッドであればより快適に眠れます。

【こんな商品がおすすめ】リバーシブル 敷きパッド ひんやり 素材とさらっと素材 シングル

冬に適した敷きパッドとは

気温が低く室内も寒い冬は、保温効果があるもの、起毛素材やファー素材の敷きパッドがよいでしょう。新しい素材として、マイクロファイバーや吸湿発熱効果のある敷きパッドも人気です。

【こんな商品がおすすめ】あったか ふわふわ ファータッチ 敷きパッド シングルサイズ

まとめ

私たちにとって大切な眠りをサポートしてくれる敷き布団。寝具の中でも自分に最適なものを見つけることが難しい商品ではありますが、敷き布団は毎晩横たえる身体を支えてくれる、とても大切な存在です。

今回おはなししました敷き布団選びの4つのポイントはあくまで基本的なものですが、敷き布団を選ぶ際の参考にしていただければと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でFutonConciergeをフォローしよう!

シンサレート布団 快眠7点セット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*