買ってよかった!高反発マットレス人気おすすめ商品ベスト3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高反発マットレス人気おすすめ商品

アスリートが愛用していることで話題となった高反発マットレスは、睡眠の質を上げたいと考える方や、腰痛など体の痛みを根本的に改善したいといった方に、今、とても人気がある商品です。メーカーも開発に力を入れ、以前に比べて多数の商品が登場するようになりました。寝具専門メーカーが販売する高価格帯のものから、量販店やネットショップが販売するリーズナブルなものまで様々な商品が紹介されていますが、初めて試す方にしてみれば、どれをみても良さそうに感じられ、迷うばかりというのが正直なところではないでしょうか。

何を基準に選ぶかは人それぞれですが、マットレスは睡眠への影響度合いが高く、体に合ったものに出会えれば、快眠や健康を支えてくれる大切なパートナーになってくれる寝具です。

ここでは、高反発マットレスに興味を持つ健康志向度の高いユーザーが満足できるよう

・しっかりとした体圧分散機能を備えている

・長く使っても機能が失われにくい耐久性を兼ね備えている

・実際に購入したユーザーから価格に見合った満足度を得ている

という3つの基準を満たしている商品をおすすめとしてご紹介します。

1.体に良いのは適度な硬さ

k-01-003-4

出典:http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-01-003.html

厚生労働省が健康のための情報を提供しているe-ヘルスネットによると、ベットマットや敷き布団は適度に硬い方が良く、胸から腰にかけて描くS字カーブの隙間が、2〜3㎝のときが正しい寝姿勢とされています。柔らかすぎると、背骨が曲がり、眠りにくく、腰痛の原因になります。逆に硬すぎると、体圧がかかる部分で、骨があたって痛みを感じたり、血流が妨げられて熟睡できなくなります。高反発マットレスは、適度な硬さと反発力で体圧を分散することでこうした問題を解消し、正しい寝姿勢へと導いてくれる寝具です。

2.おすすめのマットレスを紹介する前に

紹介する前に

量販店やネットショップでは、1万円以下で買える高反発マットレスも多数あります。そういった商品について検証してみると、使い始めは確かに効果を感じられるのですが、毎日使っていくうちに、体の重みによって沈み込む部分が出てくる傾向にあります。高反発マットレスは、その反発力で体圧を分散して体の負担を減らしたり、理想的な睡眠姿勢をサポートすることで、睡眠の質を上げることを目的とした商品ですから、変形(へたり)が生じると、本来の機能を失うことになります。安いものを購入し、へたりが感じられたら短期間で買替えるという考え方であれば、それはそれで費用に見合った選び方といえるかもれません。しかし、ここでは高反発という機能を重視し、なおかつ長くその機能を維持できる商品の方が、長い目で見ればお得であるという考え方に基づいて、おすすめの商品を紹介していきたいと思います。

3.モットン

モットン

基本スペック(シングルサイズ)

素材:ウレタンフォーム 反発力:140N 密度:25 高さ:8㎝ 重量:4.4kg

価格(税込):59800円 ※公式サイトで2万円の割引キャンペーンあり

サイズ展開:S、SD、D 使い方:単体で使用 メンテナンス:水洗い不可

公式サイト:11布団専門店

店頭お試し:できない(ただし、90日間返品保証制度あり)

3−1モニター満足度94.2%という高い支持率と返金保証で安心!

高い支持率と返金保証で安心

腰痛対策に特化して開発された商品です。3万4000人以上の愛用者から、腰痛が改善した、目覚めが良くなったなどの支持を得ており、朝日新聞をはじめとするメディアでも多数取り上げられています。欧米発の高反発マットレスは、肩や腰が強い欧米人向けに開発されているため、欧米人より体格が小さく、筋力も弱い日本人に合う商品として設計されました。腰痛を引き起こす原因のひとつである寝返りをサポートし、反発力で体を均等に持ち上げて、肩からお尻にかけてのラインが一直線になるよう、歪みのない理想的な睡眠姿勢を導きます。体圧分散効果に優れ、腰や胸に集中しやすい負担を軽減して、筋肉をリラックスした状態で休ませます。耐久性についても、8万回圧縮するテストを行い、3.9%の減少にとどまるという高い結果を得ています(圧縮を寝返りに置き換えた場合、約11年間の使用度合いに相当)。体重120kgまでの方が対象ですが、8㎝の厚みに対しての底つき感を考えると、80kg前後の方までがベストです。それ以上の方には、次に紹介するマニフレックスをおすすめします。

3−2収納

厚みのある一枚ものマットレスですが、上に重みのある布団を重ねれば、折りたたんで収納することも可能です。

3−3機能を維持するために

ウレタンフフォーム素材のマットレスは湿気が籠りやすいので、快適に長く使うためには、吸湿シートを敷いたり、毎日立てかけて乾燥させるというメンテナンスをきちんと行うことがポイントです。モットンは比較的軽い商品なので、大きな負担なく立てかけることができます。手入れを怠ると、へたりやカビが発生し、マットレスの寿命を縮めることになりますので注意してください。

3−4公式サイトから購入するとこんなメリットが

メリット

公式サイトからの購入に限られたサービスとして、他製品にはない返品保証と、20000円のキャンペーン割引、送料無料サービス、追加購入割引、180日間のメールサポートがあります。モットンを購入するのであれば、公式サイトをおすすめします。

他製品にはあまりない返品保証ですが、腰痛に関して効果がないと感じた場合、90日経過後14日以内に返金依頼をおこなうと、7日以内に返金されます(送料など本体代金以外は自己負担)。実際にこの制度を利用する方は、購入者全体のわずか1.2%しかいません。ユーザー満足度の高さが、返品率にあらわれています。

3−5返品できる製品は他にもあった!けど・・・

選択

モットンのように、返品保証のある高反発マットレスに、ショップジャパンで販売しているトゥルースリーパーセロ(60日間返品保証)があります。

両者を比較してみたところ

  • 厚みの違い=モットン8㎝、セロ5㎝
  • つくりの違い=モットンは1枚もの、セロは三つ折りタイプ

という違いがあります。高反発マットレスで重視される体圧分散機能において、より厚みがあり、三つ折りタイプよりも一枚もののマットレスの方が優れているため、モットンをおすすめします。

4.マニフレックス

pic_246a

画像引用元:http://www.flag-s.com/products/246.html

基本スペック(スタンダード モデル246、シングルサイズ)

素材:ウレタンフォーム 反発力:170N 密度:31 高さ:16㎝ 重量:12kg

価格(税込):39204円 サイズ展開:SS、S、SD、D、Q、オーダーも受付

使い方:単体で使用

メンテナンス:洗濯不可、2週間に1度立てかける、除湿シート使用推奨、12年保証

店頭お試し:全国の取扱店(マニランド)

マニフレックス兵庫西脇店で1週間無料体験貸出し(本州全域へ発送可)

4−1世界が認める確かな品質!

品質

従来のスプリングマットレスに対して、体圧を分散し、体の負担を和らげる機能性マットレスとして、50年以上の歴史を持つイタリアの寝具メーカーが開発した高反発マットレスです。世界46カ国で年間100万個以上の販売実績をもつ知名度の高い商品です。

日本で開発されたものではないため、日本の気候や、日本人の体格に合わせて作られていませんが、イタリアは日本に比べてマットレスの歴史が長いため、国産品よりも高水準の品質が魅力です。芯材に使われている世界特許を取得した高反発フォーム「エリオセル」が、柔らかすぎず硬すぎない弾力性と復元性で体圧を均等に分散します。ウレタンフォームで課題となる通気性にも配慮されており、オープンセル(多孔質)構造で放湿性を高めています。

多様な製品ラインナップにおいて、スタンダードな代表作がモデル246です。170N(ニュートン)とやや高めの反発力で、筋肉質の方や体重が重めの方(好みもありますが目安として70kg以上)におすすめです。

4−2お試しサービス

全国の正規販売店で実物を試すことができる他、マニフレックス兵庫西脇店ホームページからの申込みで1週間の無料貸出し(購入しなかった場合、返送時の送料自己負担)を行っています。

4−3安心の長期保証

50%の圧縮を8万回繰り返した耐久性テストでは、厚みの損失度が2.9%と優れた結果を出しています。製品の耐久性には自信を持っており、モデル246には12年間の長期保証を公約しています。

4−4少し気になるところといえば・・・

通気性を高めた商品ではありますがイタリアの乾燥した気候で生まれた商品のため、高温多湿の日本の環境下では、2週間に1度は立てかけるなど、湿気に対する適切なケアが必要です。重量もあるため、メンテナンスを考えても力のある男性向きです。より通気性を重視する方には、エアーサーキュレーションメッシュ素材を採用した

  • エアメッシュ
  • マニオリンピア

といった、より放湿性の高い製品がおすすめです。

4−5こんな製品もある!けど・・・

様々な製品

同じ欧米発で東京西川が販売するドルメオがありますが、同じ170Nの1層式と、寝心地が選べる2層式(140Nと170Nのリバーシブル)をマニフレックス モデル246と価格を比較したところ

  • ドルメオ1層式 43092円、2層式 64692円
  • マニフレックス 39204円

と、ドルメオが高めであるため、コストパフォーマンスの点でマニフレックスをおすすめします。

5.雲のやすらぎ

icon_f00129_8_0

画像引用元:http://ichiban-boshi.com/shop/shop.cgi?id=29

基本スペック(シングルサイズ)

素材:ウレタンフォーム 反発力:記載なし 密度:記載なし 高さ:17㎝ 重量:7kg

価格(税込):39800円 (公式ショップ特別価格、枕とのセット割引きもあり)

サイズ展開:S、SD、D 使い方:単体使用、ベットやマットレスの上に敷く共にOK

メンテナンス:立てかけて天日干し 公式サイト:一番星 店頭お試し:なし

5−1独自の体圧拡散機能とやわらかな寝心地の両立が魅力!

魅力

六角脳枕の販売を手掛ける株式会社イッティの商品です。「まるで雲の上で寝ているようなやすらぎ感」をコンセプトにした浮圧敷布団です。敷き布団とは言いながら、マットレスの機能を兼ね備えた構造で、体圧分散機能に優れているため、高反発マットレスのカテゴリに入る1商品としておすすめします。

コンセプトにもあるように寝心地にこだわった商品です。高反発=硬いといったイメージに抵抗を感じる方でも安心できる柔らかな感触が魅力です。マットレスの機能も兼ね備えた5層構造で、17㎝の厚みがあり、単体で使用しても底つき感を感じさせません。体圧分散の常識を覆す体圧拡散構造「クロスクラウド方式」は、横方向の繊維でできた中芯を、縦方向の繊維でできた凹凸のあるマットで挟み、上からかかる体圧を凹凸が点で支え、且つ横と縦のクロス方向へと拡散する独自の構造です。睡眠中に緩んでいる筋肉のかわりに背骨をしっかりと支え、最も重みがかかる臀部や胸部の沈み込を防ぎます。また、寝返り時にも体圧を拡散します。反発力の記載はありませんが、柔らかさも感じられる商品ですので、目安として体重が80kg以内の方におすすめです。

5−2季節に応じて使い分けができる両面仕様

季節に応じた使い分け

表面に保温性と弾力性に優れたフランス産の高級ロレーヌ羊毛を使用し、秋冬に暖かく使用できます。裏面には防ダニ、抗菌、防臭のポリエステル(マイティトップ2)を採用。熱をこもらせず、汗をかきやすい夏場でも快適に使用できます。季節によって両面を使い分けできるリバーシブル仕様で、快適な使い心地とアレルギーの方への配慮がされています。

5−3収納

布団に厚みがあるため折りたたみづらいという難点があります。製品梱包時の付属ゴムバンドを使って折りたたむこともできますが、手間がかかります。立てかけておく、ベットフレームやすのこベッドの上に敷くという方にはおすすめですが、毎日押し入れに収納したいという方は、手間を感じる商品です。

5−4メンテナンス

メンテナンス

通気性に配慮された商品ですが、週に一度は立てかけて干し、適度にマットレスを上下表裏を変えて使用するなど、定期的なメンテナンスが寿命を保つポイントです。

5−5こんなユーザーの声も・・・

少数ですが、体格に関係なく、へたりを感じたという声もあります。サポートがしっかりしている公式サイトからの購入をおすすめします。

6.まとめ

まとめ

いかがでしたか?それぞれの商品についての理解を深めていただけたでしょうか。

どの製品も高反発マットレスならではの体圧分散機能に優れていますが、その他の特徴をまとめると、

・モットン=腰痛に特化した商品。もし合わなかった場合には90日間の返金保証がある。      高反発マットレスでは比較的軽めで、折り畳んで収納も可能。体重80kg前後      の方までがベスト。

・マニフレックス=イタリア製の高品質が魅力。製品ラインナップが豊富で、目的に応じて         選べる。日本の気候下では適切な湿気対策は必要。反発力が高めなので         筋肉質の方や体重が重めの方におすすめ。

・雲のやすらぎ=柔らかな寝心地と独自のクロスクラウド方式による体圧拡散構造が魅力。        寝返りもサポート。高反発が硬いと感じる方や寝心地重視の方におすすめ

となります。

高反発マットレスは、どんなに良い商品を選んだとしても10人に1人の割合で効果を感じない場合があると言われています。購入前に試せるものは、最寄りの売場またはお試しサービスを利用して、できるだけ試してみることをおすすめします。何度も買替えるものではありませんので、ぜひ十分な検討を行って下さい。

また、高反発マットレスの機能は、姿勢そのものを改善し根本的な改善を図るため、効果があらわれるまでに時間がかかる場合もあります。購入した後も、最初の寝心地だけで判断するのではなく、しばらく使い続けた上で、判断するのがベストです。

寝具のなかでもマットレスの購入は、決して安い買い物ではありません。価格に見合った満足が得られるよう、じっくりと選ぶ参考にしていただければと思います!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。