赤ちゃんにそろえてあげたい!快適なベビー布団とかわいい布団カバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

赤ちゃん お昼寝 ベビー

一日のほとんどをお布団の中で過ごす赤ちゃんには、快適な寝具を選んであげたいもの。赤ちゃんにはどんなベビー布団を選ぶのが最適なのでしょうか。できれば性能だけでなく、かわいい布団カバーもそろえてあげたいですね。今回は、赤ちゃんが快適に過ごせるベビー布団とかわいい布団カバーをご紹介します。

赤ちゃんに最適なベビー布団を選ぶ5つのポイント

赤ちゃん お昼寝

生まれたばかりの赤ちゃんの睡眠時間は16〜20時間ともいわれており、一日のほとんどを布団の中で過ごします。
昔から「寝る子は育つ」といいますが、この言葉は睡眠中に成長ホルモンが分泌されることと関連があるようです。

赤ちゃんにとって眠ることは成長するための大切なお仕事。
ベビー布団の環境が快適に保たれているかどうかが、赤ちゃんにとって快適眠れるかが大きく関係します。
赤ちゃんにとって最適なベビー布団を選ぶポイントをみてみましょう。

①やわらかすぎない

バツ NG

生まれたばかりの赤ちゃんは骨や関節が未発達です。
あまりやわらかすぎるベビー布団だと体が沈み込みすぎ、正常な発達の妨げになることがあります。
赤ちゃんは頭の大きさと首の太さがアンバランス。ベビー布団がやわらかすぎて頭が沈み込みすぎてしまうと、呼吸がしにくくなってしまいます。
また、赤ちゃんは寝返りをよく打つのでやわらかすぎて寝返りが打ちにくいとストレスになってしまうこともあるようです。

②薄くて軽い

軽い 綿毛 柔らか

体の小さな赤ちゃんは、厚みのある掛け布団では重くて呼吸がしにくくなってしまいます。
また、新生児は代謝機能や汗腺がまだ未発達なので体に熱がこもりやすく、温めすぎると体温がすぐに上がってしまうことがあります。
一方で皮下脂肪が少なく、基礎代謝量が少ないので下がった体温を自分の力で上げることが難しいという問題も。
掛け布団は薄手のものを重ねるなど、体温調節がしやすいものを用意しておきましょう。

③吸湿・放湿性のよい素材

ガーゼ ガーゼケット お昼寝 赤ちゃん

体温調節が苦手な赤ちゃんはたくさん汗をかきますが、その量は大人の2〜3倍ともいわれています。
そのため湿気や汗がこもってしまう布団は避けたいもの。湿気が逃げずに蒸れてしまうとあせもや夜泣きの原因になることもあるでしょう。
羽毛や綿など吸湿・放湿性の良い天然素材のベビー布団がおすすめです。

④肌にやさしい素材(天然素材)

オーガニックコットン 綿 コットン 天然素材

赤ちゃんの皮膚は薄く、とても敏感です。少しの刺激でも肌を傷めてしまうことがありますので、赤ちゃんの肌に触れるベビー布団やカバーは肌に優しい天然素材のものを選びましょう。

⑤お手入れのしやすい布団

外干し

赤ちゃんはよく汗をかきます。またミルクをこぼしたり、おもらしをしてしまったりと赤ちゃんの布団は何かと汚れやすいもの。
簡単に洗濯ができ、こまめに天日干しができるお手入れのしやすいベビー布団がおすすめです。

ベビー布団にはどんなものがあるの?

little boy lying on blue blanket with lots of question marks

ベビー布団に使われる素材はどのようなものがあるのでしょうか。主に使われている素材をいくつかご紹介します。

羽毛

羽毛布団の洗濯は要注意

掛け布団に使われている一般的な素材が羽毛です。軽くて暖かいうえ、吸湿・放湿性にすぐれていますのでベビー布団としても最適です。
通常の羽毛布団は洗濯はできませんが、ベビー用の羽毛布団の中には羽毛に特殊加工を施して水洗いができるものもあります。

綿

AdobeStock_55394513

綿は敷き布団、掛け布団ともに使われる素材です。吸湿性に優れ、汗をよく吸ってくれる綿は日本の気候に大変合った素材といえます。
ただし放湿性にやや劣るのが難点で、こまめな天日干しが必要です。
3年以上化学薬剤を使用していない畑で作られたオーガニックコットンは肌にやさしく害も少ないため、ベビー布団として非常に人気でしょう。

ポリエステルわた

AdobeStock_31393600

ポリエステルわたも敷き布団、掛け布団ともによく使われる素材です。天然素材ではないのでダニがつきにくく、洗えるものも多いのでお手入れが簡単なのがメリット。
ただし吸湿・放湿性には劣りますので、組み合わせる布団や布団カバーを吸湿・放湿性にすぐれたものするなど工夫をしましょう。

キャメル

Image of camel in desert Wahiba Oman

キャメルはフタコブラクダの毛で、吸湿・放湿性に大変優れた素材です。
汗をかいても布団の中の湿度を発散し、蒸れないので寝冷えを防ぐこともできます。暑いときは涼しく、寒いときは暖かく包んでくれるためオールシーズン大活躍。
他の素材に比べると高価ではありますが、敷き布団、掛け布団ともに使われる素材です。

おすすめ!快適でかわいいベビー布団3選

AdobeStock_60081270

それではおすすめのベビー布団をご紹介いたします。
どれを選んだらよいのか分からない……というときは布団カバーとセットになっているものがおすすめです。
布団とカバーのサイズを合わせて、それぞれ選んで購入する手間が省けます。

■2重ガーゼのお昼寝布団セット(ベルメゾン)

掛け布団と敷き布団がセットになった日本製のベビー布団。

側地は肌ざわりの良い綿100%%の2重ガーゼを使用。掛け布団の中わたはテイジン「ウォシュロン(R)」が使われています。

丁寧な作りの日本製でヘタリにくく、長く使うお昼寝用に最適です。

■キャメルのベビー布団10点セット選べるカバー(sukusuku)

ベビー布団専門店SukuSukuの豪華なキャメル布団。キャメルの掛け布団2枚と固綿マット、敷きパッド、枕、ガーゼケット、各種カバーの贈り物に喜ばれる10点セットです。

■日本製 ベビー布団 赤ちゃん用羽毛布団 ダウンケット ホワイトダックダウン 85% シフォンガーゼ ドットカバー付き(ifuton-works)

ベビー布団 赤ちゃん 布団

(画像引用元:ifuton-works

敷き布団は不要という方には掛け布団にカバーがセットになっているこのようなタイプがおすすめ。
羽毛布団専門店がつくる、ベビー用の羽毛布団にカバーのついたセットです。

河田フェザーの技術で羽毛を洗浄して、SEK加工を施した綺麗な羽毛を使用しています。
良質な羽毛でふんわりとした寝心地です。
カバーは肌触り柔らかな2重ガーゼ。ホルマリンを含む薬品や肌に触れて有害な化学物質や仕上げの樹脂剤を一切使用していないため赤ちゃんにも安心。落ち着いたデザインがインテリアを損ねません。

かわいいベビー布団カバー3選

AdobeStock_12143991

ベビー布団をそろえたら、替え用のカバーも準備しましょう。
赤ちゃんは汗をよくかくうえ、ミルクをこぼしたり、おねしょをしてしまうこともあるので洗濯の替えに布団カバーはいくつかあると便利です。

せっかくなのでかわいいものをそろえてあげたい!という方におすすめのベビー布団カバーをご紹介します。

ベビー 掛け布団カバー 綿100% 無添加ダブルガーゼ(サンデシカ)

かわいい柄とナチュラルな色合いがとてもかわいらしい掛け布団カバーです。
生地は使い込むほどにふんわりと赤ちゃんのお肌に馴染むダブルガーゼを使用しています。布団カバーは洗い替え用に数枚持っておくと良いでしょう。

オーガニックコットン プリエール/ソレイユ ベビー布団カバーセット 日本製(baby.e-sleep -ベビスリ-)

上質なオーガニックコットンを使用した「プリエール」シリーズの生成りベビー布団カバー。
掛け布団カバーとフィットシーツが付いています。生成りの優しいお色は赤ちゃんの寝室を柔らかく包んでくれます。

■オリジナル ミニワンタッチシーツおやすみくま(ディモア)

ベビー布団のミニサイズに合うワンタッチシーツです。なんとも愛らしいくまのイラストが贈り物にも喜ばれます。
コットン100%のダブルガーゼが使われているので赤ちゃんのお肌にも安心ですね。

ベビー布団は赤ちゃんのことを第一に選びましょう

いかがでしょうか。
赤ちゃんの眠りにはできるだけ快適な環境を整えてあげたいもの。
特にベビー布団は赤ちゃんのお肌に直接触れるものなので、素材選びは特に重要です。

ベビー布団や布団カバーを選ぶ際には以下の点をポイントに選んでみてください。

・成長するために眠っている赤ちゃんには快適なベビー布団が必要

・体が未発達の赤ちゃんにやわらかすぎるベビー布団はNG

・汗をよくかく赤ちゃんには吸湿・放湿性にすぐれたベビー布団を選ぶこと

・肌がデリケートな赤ちゃんには天然素材のベビー布団やカバーがおすすめ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でFutonConciergeをフォローしよう!

シンサレート布団 快眠7点セット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る