羽毛布団はどこで買うのがいいの?購入前に知っておきたいポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

羽毛布団 ショップ 店舗 店

みなさんは羽毛布団を購入するときにどこで購入しますか?寝具専門店やデパート、最近ではインテリアショップや、ネットショップで購入するという方が多いのではないでしょうか。羽毛布団はさまざまな場所で販売されていますが、どこで購入するのがいいのでしょう。今回は羽毛布団の購入場所について解説します。

羽毛布団が買えるお店と特徴

羽毛布団 ショップ 店

寝具専門店やデパートなどの対面販売や、ネットショップなどの通信販売を利用される方が多いのではないでしょうか。羽毛布団の主な販売場所について、それぞれの特徴を解説しましょう。

◉対面販売

紹介する前に

対面販売の場合、寝具に関する知識が豊富な販売員の方に好みの布団を見つけてもらえるだけでなく、実際に布団に触れて布団の弾力をみたり、嫌な臭いがしないかを確認したりすることもできます。ただし、購入者側にきちんとした知識がない場合、勧められた商品を言われるままに購入することになってしまいます。対面販売で購入する場合、知識を身に付けておくことと、本当に良い商品を勧めてくれる店舗かどうかを見極めることが重要なポイントになります。

寝具専門店

寝具専門店には、寝具に関する知識が豊富な販売員の方がいらっしゃるので、最適な商品を見つけてもらうことができます。オーダーメイドや、購入後のメンテナンスサービスをおこなっている店舗もあります。自分に合った質の高い商品を長く使いたい方は、そのようなサービスをおこなっている寝具専門店で購入されることをおすすめします。

寝具専門店 IWATA

デパート寝具売り場

デパートの寝具売り場は厳選した商品を扱っていますので、品質が信頼できます。接客やサービスのきめ細やかさも魅力で、掛け布団、マットレス、敷布団、枕など寝具についてトータルにアドバイスしてもらえる店舗もあります。じっくりと検討して購入を決めたい方におすすめです。

伊勢丹新宿店 寝具コンサルティング

インテリアショップ

インテリアショップでも羽毛布団を扱っています。チェーン展開しているメーカーの場合、店舗数が多いため、気軽に店舗に立ち寄って商品に触れて確認してから購入することができます。価格帯がある程度決まっており、羽毛布団の種類はそれほど多くはありませんが、布団セットや枕、布団カバーなどの扱いがあり、一度の買い物で、必要な寝具を揃えることができます。新生活を始める方はインテリアショップでの購入が便利です。

無印良品 寝具 掛布団

◉通信販売

メリット

カタログ販売やネットショップは、欲しいと思う商品が見つけやすく、商品情報も掲載されているため比較検討しやすいという魅力があります。価格は手頃なものから高級品まであります。ただし、実際に触れて確認することができませんので、購入前に、返品・返金制度や、お試し期間等があるかどうかをしっかり確認しておくことをおすすめします。

カタログ通信販売

カタログ通信販売は、商品がカテゴリーごとに整理してカタログに掲載されているので、欲しいものが見つかりやすいというメリットがあります。写真や情報も豊富なので、比較検討がしやすいのも魅力です。価格は比較的手頃なものが多く、防ダニ布団やウォッシャブル布団など、消費者の要望を取り入れた機能的な布団を多く扱っているという印象があります。カタログとあわせてネットショップを開設しているメーカーもあり、来客用の布団など、すぐに使うものを購入したいときなどにも便利です。

ベルメゾン 布団

ネットショップ

カタログ通販よりもさらに情報量が多いのがネットショップです。実際に商品に触れることができないというデメリットを解消するために、商品の良さを写真や文章などで伝えるという工夫がされています。ただし、情報が多い分、写真やうたい文句に惑わされやすいので、購入者側も羽毛布団に関する知識を持っておくことが望ましいでしょう。羽毛の産地やダウン率、側生地の素材、羽毛の充填量などの情報がしっかりと掲載されている寝具専門店のネットショップの利用をおすすめします。

西川ストア ONLINE

石田屋

伊藤清商店

まとめ:どこで買うのがおすすめ?

羽毛布団の購入場所について解説してきました。おすすめの購入場所は、ライフスタイルや予算などにもよるかと思いますが、より品質の高い羽毛布団を使いたい、という方には寝具専門店や寝具専門店のネットショップ、デパート、できる限り価格をおさえて購入したいという方はインテリアショップやカタログ通販などで購入するのがいいでしょう。では、今回の内容をまとめておきます。

・羽毛布団が買える場所は「寝具専門店」「デパート」「カタログ通販」「ネットショップ」など

・対面販売は販売員の方の豊富な知識と実際に商品に触れられるというメリットがある

・通信販売は商品の見つけやすさ、比較検討のしやすさ、選択肢の多さが魅力

・情報やうたい文句に惑わされないためには、購入者側も羽毛布団の知識を身につけることが大切

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。